sachsの食と車 日記

福島県内のラーメン&日常生活の日記です。

イカの塩辛&日本酒(天明:弐)

 毎年この時期は「イカの塩辛」を作ります。鮮度が高いと言われる黒いものを買ってきますが、時間が経つと色が薄れてきます。
DSC01457_9560.jpg
 全部を使用するのではなく、大好きなミミの部位は刺身で頂いて、胴の上部1/3とゲソをネタにします。下拵えとして、ワタを塩漬けにします。
DSC01458_9561.jpg
 今回はネタにも塩を振り、冷蔵庫内で3日寝かせます。
DSC01459_9562.jpg
 ワタは水分が失われ十分かれましたが、自分のしてはもう少し黒くなるまで寝かしたい感じです。イカ墨はさらに塩漬けにして、パスタを作ろうと考えてましたが、得体のしれない物としてゴミになったようです。
DSC01496_96192 21
 ワタをコシ、ネタと混ぜ合わせ、さらに1晩寝かせます。
DSC01498_9621 2 21
 4日目にしてようやく完成しました。本来だったら柚子を入れるのですが、近所のスーパーに置いてなかったので、タカノツメの輪切りとしました。要は酒のアテになればそれでイイこと。
DSC01541_9687.jpg
 しょっぱいもの辛いものにはBeerがもってこいですが、日本酒も良し。今回は「天明・中取り弐号」です。 
DSC01569_9649.jpg
 ドライ&ライトと記載してありますが、お湯割りしても辛口の安~い焼酎しか飲んでいない自分には、意外に芳醇に感じました。むしろコレが本来の日本酒の旨さなんでしょうね。むしろ「零号」「壱号」の方が甘みも少なかった様に思えます。(クリック拡大↓)
DSC01570_9650.jpg
 ココまで曙酒蔵さんとお付き合いするとなると、次は参号以降にも手を出しそうです。
  1. 2017/03/10(金) 19:48:48|
  2. 家飯・家呑み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

喜一☆喜多方

 喜多方ラーメンで塩と言えば、やはり「喜一」さんです。(個人好みであと2軒ございますが)高額「喜びの一杯」を除いて、どれにしようかと。(クリック拡大↓)
DSC01465_9577.jpg
 今回は久しぶりに30食限定の「赤魂¥756」を頂きました。いつ見ても厚めのロングバラチャーシューと辛玉が魅力です。
DSC01466_9578.jpg
 まずは薄味のメンマに一味を振りかけ、コチラから頂きます。ただ辛いだけなんですがコレが好きなんです。自分は朝から辛いのを頂くことで、その一日が冴えます。 
DSC01467_9579.jpg
 メンマをある程度片付けてから楽しみのバラチャーシューを頂き始めます。スープの熱が脂身に伝わり、脂が溶けだし旨味が増してきます。
DSC01468_9580.jpg
 ある程度食べ進んだ時点で、お楽しみの「辛玉」を溶かします。むしろこの方が、辛みがパワフルになり、好みの味に仕上がります。やっぱり旨い、オフであっても常時満車が納得です。
DSC01469_9581.jpg
 コチラにはかなり通っているようなつもりでしたが、ブログ始める以前の事でした。その後も意外にブランクが長く、もしやいわきの道駅「四倉港」で頂いている回数が多いようです。
DSC01464_9576.jpg
 会津にお住まいの方なら、なんてことない光景なんですが、雪景色に縁が薄い自分はやっぱり撮りたくなります。車窓から失礼!踏切待ちなので安全運転の範囲に収まってます。

過去に頂いたラーメン↓
2016.2.24 熟成味噌ラーメン
2012.5.4 熟成味噌ラーメン

ブログ始めてからは、味噌ばっかだったんだ(汗
  1. 2017/03/06(月) 19:51:18|
  2. ラーメン・喜多方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

春の北海道展@USUI

 こういうイベントがあると、莫大な出費になってしまいます。本来の目的は仕事で欠かせないダイアリーをUSUI内のMARUZENさんに買いに行くことなんですが、去年の反省を踏まえ出費をセーブするつもりで釣られました。
 駐車場の激混みが想定されますので、早めに来て初のダイワロイネット内の「ドトール」さんで朝食。「本日のブレンド¥?ジャーマンドック¥?」を頂きました。前のお客さんがレシートを発行して下さいと言ってました。自分も45秒程待たされてから、「ジャーマンドック後でお持ちします」・・・(その間、喫煙席満席になったらどうしてくれるんだ)と心の中で叫びました。オペレーションがかなり悪いのはオープン間もないからかも。
DSC01546_9626.jpg
 ドトールさんを後にし開店の15分前、やっぱり早め駐車が正解でした。なんでこうなのか?と、いつも思います。人ごみを避け、ゆっくり入店。上下2レーンで稼働しているエスカレーターを使用しましたが、8FのMARUZENさんまではかなり遠く感じました。
DSC01547_9627.jpg
 去年の様な贅沢三昧は非道とし、今回は函館市「雑魚亭」さんの「潮騒の宴(カニ・ウニ)・¥1,600位」
DSC01574_9654.jpg
 同じく「潮騒の宴(三色)・¥1,600位」にました。広告では、ほとんどが¥2,000オーバーですが、実際に行ってみると、お手頃で当りな弁当もあります。 
DSC01571_9651.jpg
 どちらも同じような具ですが、カニとウニを食べたいが、イクラも欲しいということでこの組み合わせにしました。普段はカニやウニを肴として買うなんてことはできないので、この期かもしれません。存分に旨味を味あわせて頂きました。付け合わせの昆布も美味しく、塩ラーメンの具材として利用したいです。
DSC01575_9655.jpg
 コチラは「タラバガニ入りコロッケ¥540」、大きさも十分で手頃です。海鮮弁当でタラバ蟹が入ると、お値段も跳ね上がるようで、これで満足です。
DSC01568_9648.jpg
3月13日(月)まで開催しているようです。函館市「沙蘭」のさんの牛肉がノーマークでしたが、もう行かない(金がない)と思います。18日(土)からは「全国駅弁&うまいもの」があるようです。
  1. 2017/03/05(日) 07:53:20|
  2. 食材・中通り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

麺処 若武者☆二本松

  先月上旬にメニューをリニューアルされた「麺処 若武者」さんを訪問しました。今回のリニューアルポイントは、17時から限定だった、このお店発祥の「濃厚福島鶏白湯」がレギュラー化されたこと、去年のYAHOO&東洋水産の次世代ラーメン決定戦で優勝した「特濃旨辛鶏台湾ラーメン」がチューニングされ加わったこと、そしてサイドメニューに「岳温泉玉子丼」が登場したことです。(クリック拡大↓)
DSC01474_9586.jpg
 この日は開店15分後で、山元大将と高宮店長の御二方が揃い、あいさつをしてカウンターのいつもの場所に座らせて頂きました。オーダーは迷うことなく「特濃旨辛福島鶏台湾¥950」を頂きました。載せ物は鶏ダンゴ、旨味挽き肉炒め、糸唐辛子、チャーシューは低温調理の鶏と、定番の豚バラとなります。モヤシとかニンニクの芽が無くなりスリム化された分、より鶏を意識した仕様となりました。
DSC01475_9587.jpg
 味玉はお店からのご厚意で、毎度感謝する次第です。味玉を追加しますとプラス¥120となりますが、白身の味染み具合と黄身の黄金ゼラチン質は良好そのもので、是非トッピングしたい逸品です。
DSC01476_9588.jpg
 定番の柔らか豚バラチャーシューに旨味挽き肉、糸唐辛子と自分の好みが一気に入ってきた印象です。自ら嫌いと唱えている鶏チャーシューも入ってますが、コチラのは別です。(福島イオン近くの)不味い店で食えば最悪ですが、コチラのは臭みもなく美味しく頂けます。
DSC01477_9589.jpg
 麺は低下水の細縮れ麺で、結構固めな仕上がりのため濃厚スープに負けることはありません。細麺なだけに挽き肉の纏わりは期待できませんが、別々に頂くことでも十分旨味が堪能できることも計算に入れておいた方が良いですね。
DSC01478_9590.jpg
 この度はお土産までを頂き恐縮してしまいます。
DSC01567_9647.jpg
 2017の「若武者」さんのプロジェクト、獅子奮迅の勇を越した計画が着実に進んでいるようです。
  1. 2017/03/02(木) 20:50:45|
  2. ラーメン・二本松
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

天くう☆郡山

 ちょっと間が空いていまいましたが、「凛々亭」さんの次は、ねこっていいよねぇぐっぴょんさんの記事を拝見し、お気に入り登録した「天麩羅 御料理 天くう」さんを訪問できました。
 暖簾を潜ると木目の廊下(土足OK!)が続き、個室を通り抜けた奥が職人さんが立つカウンターと客席となります。高級感は想定していたので、汚いライダースタイルをヨドバシのトイレで一部着替えしての訪問が正解でした。
DSC01449_9552.jpg
 久しぶりの接待向け高級感エアにやや緊張しながら職人さんの立つカウンターに着席。ランチメニューは数少ないのですが、どれも安いのにはビックリ。目の前で揚げたての天ぷらを頂くと言うことで、それなりの資金を準備して参りましたが、お値段はかなりリーズナブルです。
DSC01450_9553.jpg
 今回はAsahi瓶と「天麩羅コース¥1,500」を頂きました。内容は海鮮が海老、キス、イカで、季節野菜が5品となります。そこに小鉢が付き、さらに赤だしが付きますが、その味に弱いので外して頂きました。(冨田の高級店でも残してしまいました)当たり前なんでしょうがランチなのでご飯も付きます。天ぷらのおつまみでBeerで考えておりましたが、ご飯も美味しく頂きました。また天つゆと塩が2種類付(説明受けたも忘れました)きます。
 メニュー見るまで、お店の造りとは奇想天外のCPの高さのギャップが素晴らし過ぎます。
DSC01451_9554.jpg
 天麩羅は2回に分けて提供されるため揚げたてを味わうことができます。スタメンは海老と海苔巻きにしたイカの香り上げと、舞茸、南瓜、と記憶ない1品です。海老の足が付かないことは、もしかして活車海老では無いかも?しかし、衣が薄く揚げたてのプリプリ感が最高です。
DSC01452_9555.jpg
 次はキス、ピーマン、椎茸、茄子となります。キスは表面のカリカリ感に対し中はシットリと、今まで食してきたキスの天ぷらは何だったのかと思わせるくらい、素晴らしい揚げ技と素材の良さが引立つ逸品です。茄子はいつも外して下さいとお願いするのが定番なんですが、今回は美味しく頂けたのも、このお店だからでしょう。(味の判断もお店のエアです)
DSC01453_9556.jpg
 お店のリーフレット(クリック拡大↓)
DSC01456_9559.jpg
DSC01455_9558.jpg
 今回はランチでしたが、夜が良いでしょう。 
  1. 2017/02/28(火) 19:31:56|
  2. 和食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
前のページ 次のページ

プロフィール

sachs

Author:sachs
福島県内の風物撮影してます。
主食はラーメンが多くなりました。

最新記事

コメントありがとうございます。

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ

ラーメン・郡山 (166)
ラーメン・二本松 (69)
ラーメン・喜多方 (77)
ラーメン・会津若松 (20)
ラーメン・白河 (21)
ラーメン・矢吹・鏡石・石川他 (15)
ラーメン・須賀川 (15)
ラーメン・福島 (43)
ラーメン・会津美里・西会津 (17)
ラーメン・本宮・大玉・県北 (26)
ラーメン・南会津他 (2)
ラーメン・東京 (2)
ラーメン・相馬 南相馬 (5)
ラーメン・いわき (14)
ラーメン・三春・田村 (8)
ラーメン・その他 (9)
ラーメンまっとめ (3)
自作ラーメン (11)
食材・浜通り (8)
食材・会津 (10)
食材・中通り (13)
中華 (10)
小旅行 (17)
洋食 (17)
和食 (54)
モーニング (12)
ドライビング (27)
スイーツ・菓子・パン (9)
温泉・健康センター (14)
車のメンテ (27)
光景 (11)
撮り鉄 (1)
家飯・家呑み (4)
未分類 (10)

QRコード

QR

リンク

このブログをリンクに追加する