sachsの食と車 日記

福島県内のラーメン&日常生活の日記です。

五百川食堂☆本宮

 毎回、オリンピック開催レベルのスパンで訪問している本宮市アサヒビール園真向かいの「五百川食堂」さんです。ビール工場同様に敷地の南側は京都から数えて500本目の河川が流れています。どうでもいいが、ご飯・丼物(クリック拡大↓)
DSC02939_2012.jpg
定食類(クリック拡大↓)
DSC02940_2013.jpg
らーめん類(クリック拡大↓)
DSC02941_2014.jpg
 お店の一押しは「とんかつ定食」なんですが、昔頂いた時はさほど他店との優位性は感じられず、今回はそのカツ?に期待し「カツ丼¥890」を頂いてみました。
DSC02942_2015.jpg
 オープンザ蓋をしてみると、玉ねぎや三つ葉を玉子に混ぜたと思える玉子とじで、とじ方は固めな好みの仕上がりです。カツはカリカリ感が残され、個人的に評価はしますが。
DSC02943_2016.jpg
 肉は期待より薄めで、もう少し厚みが欲しい感じですが、このお値段ならこの程度でしょうか。これが不満なら「柏屋」さんに行けという感じです。
DSC02944_2017.jpg
 決して悪しくはないカツ丼、駐車場も大型トラック対応で待つこともなく、しかも完全分煙という嫌煙者、愛煙野郎にも良いお店であります。

前回頂いたメニュー
2013.10.11 醤油ラーメン・コッテリ味+燻製玉子
2013.2.3 アジフライ定食
  1. 2017/08/28(月) 19:23:16|
  2. 和食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

半沢☆二本松

 土用丑の日のリベンジを果たすべく(米沢牛で果たしたが)、二本松の「うなぎの半沢」さんを訪問しました。昼はラーメンかカツ丼の自分でも、年一程度、この位の贅沢も許されるでしょう。ドジョウ料理は止めたのか?、前回訪問よりおしながきはシンプルになりました。
DSC02947_1991.jpg
 贅沢言えど、注文は他のお客様と同じ、普通の「うな重¥2,300」です。小ぶりなうなぎ1匹が使用されています。上物と異なるのは、脂身多い上半身が2串でない位で、このお値段なら十分パフォーマンスは高めでしょう。ワンランク上に付く骨せんべいは付きませんが、肝のお吸い物が付きます。
DSC02948_1992.jpg
 本物と表現するとスーパーには大変失礼ですが、全然別物に感じてしまいます。焼いた時に出る脂と、タレが融和し、さらにコレにより燻蒸が進み、さらに旨味を極めます。しかもコチラのご飯は、その日に使用する分だけを精米するとか?炊き方も良く、ウナダレでタレ染みし、ショッパ辛飯にならぬように、水分とベタつき感を最小限度に抑えてあります。 
DSC02949_1993.jpg
 肝のお吸い物はアッサリな上品な味付け。いくら高級品を注文しても、お吸い物まで変わることは無いのでこれで十分。
DSC02950_1994.jpg
 相場である¥4,000~¥6,000出せば、それなりの上半身が2串も4串も入ったものが頂けますが、コレで十分満足しました。でも、年一の贅沢がの¥500差の「大うなぎ重」出なかったことにチョット心残りがありました。

前回頂いたメニュー↓
2014.3.31 大うな重
  1. 2017/08/22(火) 20:34:12|
  2. 和食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

もりや食堂☆二本松

 たまにゃ、休日の昼はラーメンではなく、飯でも食ってみっかということで、根崎にあります「もりや食堂」さんを訪問しました。
DSC02541_1382.jpg
 二本松には岳温泉に極厚カツ丼で有名なお店もございますが、コチラの筆頭メニュー「カツ丼¥880」も一押しなんです。
DSC02537_1378.jpg
 たかがカツ丼ですが、お新香は勿論、ラーメンスープと冷奴が付きます。見た目は普通のカツ丼ですが、実は煮込みに、ソースが使用された会津風味のカツ丼です。
DSC02538_1379.jpg
 特段、ソースの香りは以前より軽めになった様な感じですが、じっくり味わえばそれを感じることができます。肉厚は普通というか、自分としてはもう少し、厚みが欲しい感じ。でも脂身が多い肉なので柔らかで不足を感じさせません。玉子はカチタイプに見えますが、必要な柔らかも持ち合わせてます。 
DSC02540_1381.jpg
 冷奴を単体で頂くも良しですが、自分はラーメンスープに入れて頂きました。カツオ出汁が効いたラーメンスープ、コレなら単品ラーメンもありカナと思います。
DSC02539_1380.jpg
 出前もやっておりますが、お店で頂くのが一番です。
  1. 2017/07/05(水) 20:20:13|
  2. 和食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

やなぎや☆二本松

 二本松市まゆみ通り(若武者さんの駐車場出口)にあります、「やなぎや」さんです。同級生に天丼食ってみろと言われたのは、多分ココだったような???御食事処ですが、本業は蕎麦なんです。若武者さんとのコラボ、「つけそば」がありませんでした(クリック拡大↓)
DSC02379_1209.jpg
 そんな訳で、「天丼¥1,080」を頂きました。茄子抜きを要望すると、華やかさに欠けます。
DSC02380_1210.jpg
 小鉢のおからの和えものと味噌汁が美味しかったです。
DSC02381_1211.jpg
 華やかさに欠けると言えど、普通クラスの海老2本と南瓜に大葉だけでは、お値段から余りにも侘しい感じです。天タレは濃いめで甘ショッパく、汁ダクにならぬ程度で好みでした。ご飯も美味しく、天ぷらに関しては、もう1品頑張って欲しい感じでした。
DSC02382_1212.jpg
 過去記事見ると、蕎麦屋はやはりそば、セットにするなら当然カツ丼がよろしいようです。

前回頂いたメニュー↓>
2015.7.23 つけそば+かき揚げ
2015.3.29 煮込みカツ丼ミニ蕎麦セット セットメニュー
  1. 2017/06/18(日) 19:30:33|
  2. 和食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

蕎麦音☆二本松

 今回はujucoさんの記事の記事に魅了された「蕎麦音」さんです。場所は安達駅前からBeisiaを結ぶ道路沿いにあり、今年3月にオープンしたばかりの新しいお店です。
DSC02239_1054.jpg
 GW期間中はメニューも絞られて、激混みのこの日は1時間待ちと言われました。(拡大↓)
DSC02236_1051.jpg
 値段はどちらかと言えば、二本松としては高め、しかし会津若松市内の高級店より安いです。(拡大↓)
DSC02237_1052.jpg
 待つこと約40分で「海老天せいろ¥1,350」登場です。本わさび1本ついて、このお値段ならCPはかなり高いです。
DSC02240_1055.jpg
 この日の天材はエビ、コゴミ、コシアブラ、ウド、さつま芋と、若干、黒板とは異なりますが、専用の塩も付きパーフォーマンスの高さに大満足です。
DSC02241_1056.jpg
 蕎麦は通常2種類から選べ、GW期間は「田舎せいろ」が休みで、会津坂下産の「蕎麦音せいろ」となります。極細切りされた硬質の蕎麦は香りも有し、極上の味わいです。
DSC02243_1058.jpg
 二本松にはかつて無かった、至極の蕎麦が頂けるお店です。
  1. 2017/06/08(木) 21:25:52|
  2. 和食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
前のページ 次のページ

プロフィール

sachs

Author:sachs
福島県内の風物撮影してます。
主食はラーメンが多くなりました。

最新記事

コメントありがとうございます。

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ

ラーメン・郡山 (187)
ラーメン・二本松 (86)
ラーメン・喜多方 (90)
ラーメン・会津若松 (27)
ラーメン・白河 (23)
ラーメン・矢吹・鏡石・石川他 (20)
ラーメン・須賀川 (17)
ラーメン・福島 (53)
ラーメン・会津美里・西会津 (19)
ラーメン・本宮・大玉・県北 (27)
ラーメン・南会津他 (3)
ラーメン・東京 (2)
ラーメン・相馬 南相馬 (7)
ラーメン・いわき (17)
ラーメン・三春・田村 (12)
ラーメン・その他 (12)
ラーメンまっとめ (3)
自作ラーメン (11)
食材・浜通り (10)
食材・会津 (12)
食材・中通り (16)
食材・県外 (1)
中華 (11)
小旅行 (18)
洋食 (21)
和食 (67)
モーニング (23)
ドライビング (28)
スイーツ・菓子・パン (9)
温泉・健康センター (14)
車のメンテ (27)
光景 (13)
撮り鉄 (1)
家飯・家呑み (6)
未分類 (10)

QRコード

QR

リンク

このブログをリンクに追加する