sachsの食と車 日記

福島県内のラーメン&日常生活の日記です。

阿波家☆米沢

 毎度ご訪問頂いてます本日、「大安食日なりの案山子さん」の記事で必食ラーメンとしてマーキングしてました「地鶏ラーメン 阿波家」さんに念願かなって訪問できました。一番最初に紹介された時は国道13号から「まつたけぶどうライン」の入口だったので、かなり近く解りやすいなと思いましたが、その後お店が米沢市市街地に移転。ナビ入力でやっと到達できました。
DSC01846_0161.jpg
 こちらも地鶏研究会とのことで、既に何をオーダーするかは決まってますが、このメニューの並びと説明書きのレイアウト、どこかで見た記憶はございませんか?メインの部分は福島市の『伊達屋』さんと全く同じ。(クリック拡大↓)
DSC01845_0160.jpg
 当然、オーダーは「煮玉子塩ラーメン・¥750」です。特徴は丼の2/3をカバーする肩ロースチャーシューに、極太メンマが目立ちます。見た目も惚れ惚れする美しさです。
DSC01847_0162.jpg
 このスープにドンピシャな硬質麺、コレがこのタイプの塩ラーメンを頂く至福の瞬間でしょうか。
DSC01848_0163.jpg
 チャーシューはホクホク崩れる位まで煮込まれ、肩ロースならではの旨味が堪能できます。
DSC01849_0164.jpg
 味玉も半熟具合が良くできております。スープはオイリー感は少なく、福島の「伊達屋」さんよりも、郡山の「ありがとう」さんにかなり近い感じです。
DSC01850_0165.jpg
 他にトッピングが豊富なことに加え、冷たいラーメンもあり、1年中楽しめそうです。
スポンサーサイト
  1. 2017/04/30(日) 18:07:26|
  2. ラーメン・その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ねぎし☆郡山

 巷では駅前にオープンした、県内初出店の牛たん屋が人気ですが、あえて郡山で老舗格の「ねぎし」さんを訪問しました。郡山市並木の住宅街にお店は引っ込んじゃいましたが、昔から牛タン専門店としてのメニューは堅実に受け継がれてます。(クリック拡大↓)
DSC01816_0192.jpg
 頂きますのはもちろん「牛タン定食¥900」です。麦飯に当然ながらテールスープが付く、基本的なスタイルです。
DSC01817_0193.jpg
 極厚牛タンではございませんが、表面に細かな切れ目を入れることで、中心部にレア感を残し軽く焼き上げる丁寧な仕事で、牛タンの旨味が凝縮されるという業は、流石に郡山を代表する老舗格です。
DSC01818_0194.jpg
 テールも表面は固そうに見えても、中はシットリした柔らかさです。定食に麦飯とテールスープはデス必食です。
DSC01819_0195.jpg
 強いて欲を言えば、麦飯が自分には柔らかめに感じました。次回は牛カルビにも興味津々です。
  1. 2017/04/27(木) 20:51:51|
  2. 和食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ひさじ屋☆喜多方

 喜多方で土日のみ朝ラー店の仲間入りした、「ひさじ屋」さんに初訪しました。市役所周辺の激戦区とは離れた場所で、この日は人も疎らです。
DSC01809_0185.jpg
 基本の「ラーメン¥550」を頂きました。どちらかと言うと鶏が勝っているスープですが、出汁感が薄く、丸みのある昔からの懐かしい喜多方ラーメンってな感じです。
DSC01810_0186.jpg
 チャーシューは特筆すべきものはありませんが、基本である醤油の染みた旨味チャーシューでした。
DSC01811_0187.jpg
 今や喜多方ラーメンにも超コテコテ系や高級素材塩がはびこる時代。昔からの喜多方テイストを味わうにはおススメだし、もしかしてGW中の朝ラーは穴かも。
  1. 2017/04/26(水) 19:38:49|
  2. ラーメン・喜多方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ラーメン 大☆福島

 「十綱食堂」さんに続きまして、今回は同じ飯坂町にあります「ラーメン 大」さんです。場所は県立福島北高校の入口と解りやすい立地です。メニューは基本3種に「ごはんもの」もあるようです。(クリック拡大↓)
DSC01694_9945 0310
 一番人気の「塩」から「味玉しおらーめん¥700+ねぎ¥100」を頂きました。綺麗なスープと大きめのバラ巻きチャーシュー、アクセントにカイワレも入り、見栄えの良い仕上がりです。
DSC01695_9946 0310
 スープは基本は鶏がメインと思われ、魚介と野菜で取った旨味スープですが、微妙な人工的甘みが気になりました。チャーシューはバラ巻きタイプで柔らかく、味染みとも抜群の出来です。麺は地元の三山製麺所製ですが、加水率は見た目より高く、このスープにマッチした麺でした。
DSC01697_9948 0310
 スープの甘さがチョット気になりましたが、ラーメンの基本を忠実に守っております。福島市のラーメンの場合、素材やパフォーマンスに背伸びし過ぎて、仕上がりは不味くて、量も少ない高値ラーメンが一般的というイメージでしたがこちらは違います。
  1. 2017/04/25(火) 19:48:01|
  2. ラーメン・福島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

十綱食堂☆福島

 またもや今回もカツ丼の記事となりました。今回は福島市飯坂町にあります「十綱食堂」さんです。飯坂温泉駅前という好立地ですが、お店の駐車場はありませんので、周辺に点在する観光協会の無料駐車場を利用することとなります。
DSC01868_0244.jpg
 一応食堂なんで、他のメニューもございますが、一押しの「カツ丼¥830」を頂きます。Open the蓋をすると、カッチリ系の玉子とじカツの登場です。流石は期待通りの老舗食堂のカツ丼でございます。
DSC01869_0245.jpg
 肉は決して厚くはありません。売りは昔から変わらない甘ショッパ~イ、味付けでしょうか。特に甘みはこれ以上になるとヤバくなるくらい、ギリギリのラインで押さえてあるのが、昔ながらの業です。
DSC01870_0246.jpg
 たまにゃ、こういうカツ丼も良いです。車で行くより、餃子をはじめ温泉街の飲食店を回遊し、鯖湖湯か波来湯で一風呂浴びし、〆カツ丼がイイかもデス。
  1. 2017/04/24(月) 19:30:13|
  2. 和食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

柏屋☆本宮

 本宮市にあります、「柏屋 食堂」さんです。「上名代ソースカツ丼」が有名なんですが、今回は「煮込みカツ丼・ロース¥900」を頂きました。行列ができる時間帯で、相席となりパチリパチリ撮影はできませんでした。肉厚は上名代程の迫力はありませんが柔らかく、玉子のとじ方も固、柔両立の絶妙な仕上がりです。
DSC01789_0098.jpg
過去に頂いたメニュー↓
2016.1.13 上名代ソースカツ丼
2014.12.20 カツカレー
2012.12.20 カツカレー
  1. 2017/04/21(金) 06:34:27|
  2. 和食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

二本松桜前線(合戦場)&相模食堂

 今週の日曜日、ゆっくり自宅で休養したいところですが、仲間から出動命令が下りました。できるだけ近場と言う自分の希望で、二本松市(旧岩代町)の『合戦場のしだれ桜』に行ってきました。
DSC02045_0531.jpg
 まだ開花は早いのですが、訪れる方が多いですね。桜の周りにはライトアップ用のゴツイ機材が。毎回来てますが全く気が付きませんでしたというより、下側の水田から決まったアングルで撮影しているからでしょうね。
DSC02041_0527.jpg
 南側の日当たりのいい部分は一部開花してます。たぶん今週末が見ごろを迎えるでしょう。
DSC02042_0528.jpg
 ココまで来たら、昼食は「相模屋食堂」さんです。岩代町の中心部、小浜から白沢、三春方面に抜ける県道沿いにあります。
DSC02046_0532.jpg
 いつもの昭和にタイムスリップしたような価格のメニューです。コチラではお冷も、注文も全てセルフ、厨房まで行って注文するのが暗黙のスタイルです。
DSC02047_0533.jpg
 コチラならファンが多い「カツ丼¥750」です。盛付も決して現代風なカッコいいカツ丼ではございません。しかし味は食堂ながら抜群、引けは取りません。少々のニラも綴じることでアクセントとなり、肉厚は普通ですが飯量より勝っております。
DSC02048_0534.jpg

前回頂いたカツ丼↓
2015.9.20 カツ丼

岩代でラーメンならコッチ↓、も良いが今週の日曜日は定休でした。
2015.10.9 大黒屋
  1. 2017/04/20(木) 20:17:30|
  2. 光景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

二本松桜前線&道駅安達下り線

 15日(土)早朝、桜の開花を確認するため『安達ヶ原ふるさと村』へ行ってみました。この場所は安達太良と霞ケ城跡が一直線で結ばれるのですが、立木が多く石垣の確認が困難です。
DSC_1606_0415.jpg
 市役所東側の『金色墓地』に場所を場所を移動。コチラにも桜が植樹してありますが、電線が入ってしまいました。
DSC_1627_0436.jpg
 遠景がボケますが桜にピンとを合わせてズーミングして撮るしかないようです。
DSC01949_0385.jpg
 安達太良と重ねることはできませんが、霞ケ城の石垣を撮影するには好ポイントです。
DSC_1625_0434.jpg
 もちろん、桜も入れて撮ることは可能です。
DSC01956_0392.jpg
 最後は『道の駅安達・下り線』にあります『万燈桜』です。寒い場所なんですが、ココが一番開花が進んでました。
DSC01962_0398.jpg
 朝飯食うにも便利な場所です。7時からのメニューは左下の4品だけですが。
DSC01966_0402.jpg
 「A定食¥500」のワンコインで。納豆も付きますが、外して頂きました。メインは目玉焼き2個とソーセージ2本、こういう場所ながら白飯は美味しかったです。
DSC01967_0403.jpg
 昨日の温かさで、市街地近辺にある桜はかなり開花が進んだと思います。今週初めは散り始めでしょう。
  1. 2017/04/17(月) 05:57:07|
  2. 光景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ヱビスヤ☆郡山

 久しぶりにラーメンネタに戻ります。
 今回は郡山市日和田にある白河手打ちでお馴染み「ヱビスヤ」さんです。お昼頃でしたが、オペレーション良く10分待ちで着席。メニューは何度もご覧頂いていると思いますが、ハーフは父ちゃん、母ちゃん向けかな。
DSC01756_9981.jpg
 いつもは限定の「鶏塩中華」「支那味系」なんですが、「味噌ラーメン¥850」を頂きました。デフォでもニンニクが入るため、店員さんから、オーダー時に有無を聞かれます。もちろん有りで。チョットしたソボロが入ってますが、白河チャーシューが入ってないと、寂しい印象です。
DSC01758_9983.jpg
 代わりにキャベツとモヤシを中心に相当量の野菜が入って、鶏ベースのアッサリしたスープは健康志向ラーメンです。ならばテーブルの自家製辣油を入れ、潤滑力を加えた方が食べやすいでしょう。この野菜炒めタイプ味噌ラーメンは、麺が柔らかくなりがちなんですが、流石は自家製手打ちの白河ラーメンで、最後まで固めピロピロの食感が楽しめます。
DSC01760_9985.jpg
 野菜炒め味噌系で麺のクオリティーを求めるなら、コチラがおススメです。惚れ惚れする白河チャーシューまで求める方には味噌チャーシューメンもございます。ただし、自分では手が出ない¥1,200というお値段ですが。

過去の記事↓
2016.12.11 鶏塩中華そば&焼豚丼
2016.4.18 支那そば
2015.1.12 支那ワンタンチャーシュー麺
2014.12.15 鶏塩中華そば
2014.6.17 つけ麺
2014.6.7 中華そば+煮玉子
2013.6.28 鶏塩中華そば+味玉
2012.11.13 つけ麺+味玉
  1. 2017/04/15(土) 03:52:26|
  2. ラーメン・郡山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

三春茶屋☆三春町

 いわきの帰りは、親父が主張する、「三春茶屋」さんで昼食です。本人が現役時代から通っていたと言うくらい、歴史があるお店です。JAではなく、農協が始まりだったとか?国道289号は新しいバイパスに交通量が転換されましたが、今でもチラホラと地域の老舗の味を求めるお客様があるようです。
DSC01654_9721.jpg
 コチラのメニュー、地域の老舗風格なのか、近隣のドライブインよりはかなり強気な価格です。(クリック拡大↓)
DSC01655_9722.jpg
 初めてなので「茶屋娘¥1,100」を頂きました。ミニ天丼と、ザルうどんのセットをチョイス。うどんには紫蘇の実が載ってました。こういうの好き嫌いあるので、別皿にして欲しいです。うどんはコシもあるワシワシタイプです。
DSC01656_9723.jpg
 天丼をオープンザ蓋すると、海老とイカと、茄子とピーマンの天丼でした。素材に不満は無しですね。
DSC01657_9724.jpg
 器が浅いため、見た目の大きさ程はボリュームはありません。甘~い汁ダクの昭和テイストを感じる天丼でした。
DSC01658_9725.jpg
 三春ならラーメンなんですが、前日に頂いたため却下されました。悪くはなかったんですが、それにしても広い駐車場と広い店内は、これから見ごろを迎える滝桜見物の客が立ち寄るんでしょうね。
  1. 2017/04/13(木) 19:47:17|
  2. 和食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ホテル塩谷崎☆いわき

 先月初めに、いわき市の豊間海岸近くにあります『塩谷崎荘』さんに宿泊してきました。名目上は昨年入院時に御苦労をかけた両親への御礼です。(手術当日以外、ご苦労はかけてなかったと思いますが)
 夕日が反射する波もなかなか良く、どのタイミングでショットするか迷っていたら逃してしまいした。とりあえず、夕陽があたる灯台をメインにしましょうか。
DSC_1488_9854.jpg
 お楽しみの料理全景です。たぶん通常ならもっと量は多いと思われますが、品数から想定してもかなりのボリュームになることから、両親が全てのメニューを楽しめるように、ボリュームダウンを事前にお願いしてあります。(クリック拡大↓)
DSC01626_9753.jpg
 刺身は『有頭エビ、マグロ、カンパチ』、極めつけ『アワビ』と別皿の『生ウニ』です。呑むにはコレだけで十分なんですが、さらに沢山の料理がございました。
DSC01630_9757.jpg
 ウニはやっぱり生で頂くのが最高です。いわきと言えば贅沢に沢山のウニを盛り付けた「貝焼き」が有名ですが、少量で良いので呑んべえにはコチラが最高です。
DSC01631_9758.jpg
 『アンコウのトモ和え』も美味いです。酢味噌の絶妙な酸味と甘み加減で、アンコウのゼラチン質を頂くと益々酒が進みます。
DSC01628_9755.jpg
 鍋はこの時期定番の『アンコウ鍋』となります。普段頂いているのと異なり、野菜量よりもアンコウ切り身の量が勝っており、肝の量も多い濃厚タイプに満足です。
DSC01638_9765.jpg
 今回のコースは、『和牛サーロイン』、『アワビ踊り焼』、『毛ガニ』から、2品選べるコースを選定しました<。span style="color:#ff9999">『毛ガニ』を基本に好みで1品を選びました。久々に頂いた毛ガニを完食するには根気が要り、皆無口になり腹イッパイ美味しく頂きました。
DSC01632_9759.jpg
 この『和牛サーロイン』は普通に柔らかいのは当たり前なんですが、脂身にも独特の旨味が凝縮され格別の美味さです。
DSC01629_9756.jpg
 初めて食した『アワビ踊り焼』、新鮮な鮑を焼くなんてもったいない理念で、いつも刺身で頂いてますが、熱を通すことで、バターナイフでも切れる位柔らかくなり、甘みも感じます。コレ、最高!! 
DSC01633_9760.jpg
 2の膳は、名物の『メヒカリの唐揚げ』です。レモン汁を絞りタルタルソースで頂けば、最高のご飯のオカズ。ですが、流石に白飯までは腹に収まりませんでした。
DSC01635_9762.jpg
 煮魚は『銀タラの煮付』でした。脂身にまで味が染み込んで、ショッパクないという絶妙な味付けです。これもオカズには最高なのですが。
DSC01642_9769.jpg
 〆の『デザート』です。魚貝類ほどの関心はありませんが、残さず頂きました。
DSC01643_9770.jpg
 ガッツリ食って眠って、早起き。コチラの宿では、コレも美味いです。トワイライトタイムが過ぎれば、貨物船の明かりも消え、小名浜港へ向け出発します。これを客間のベランダから撮れるのが良いのです。
DSC_1506_9837.jpg
  1. 2017/04/11(火) 20:10:55|
  2. 小旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

香伏☆須賀川

 東邦銀行須賀川支店の向かいにあります「中華そば 香伏」さんです。先月ですが、両親といわきへ行く途中に立ち寄りました。
DSC01606_9733.jpg
 なかなか珍しい、秋刀魚を出汁にするお店で、店内で使用する水は、喜多方の「大和川酒造」さんから『飯豊の伏流水』を運んでくると言う拘りです。
DSC01615_9742.jpg
 メニューは「中華そば」のみの超シンプル(クリック拡大↓)
DSC01607_9734.jpg
 但し、ご飯ものもあります(クリック拡大↓)
DSC01608_9735.jpg
 「中華そば・並+味玉」を思いつきましたが、前回オープンして間もない頃訪問した時、どういう訳か味玉も省かれ、お金だけ支払いました。ならば、間違いないところで「中華そば・ハーフ¥550+チャーシュー丼¥350」にしました。味玉付きチャーシュー丼なので、間違っても入れ忘れることはないでしょう。
DSC01609_9736.jpg
 コレはCP高いハーフです。ハーフと言いながら厚切りの豚バラチャーシューが2枚半に、低温調理の薄切り豚ロースチャーシューが2枚と、一切の手抜きなしと言うよりは、麺量に対し肉が楽しめます。秋刀魚出汁はやや苦みがあるも奥深い甘みも感じられます。コレに干しエビが入ることで、スープの旨味が増します(注文時にエビアレルギーについて問われます)
DSC01612_9739.jpg
 チャーシュー丼もまたCP高しです。ブロック切バラチャーシューに、タレの塩梅も良し。強いて言えば飯量は少ないが、ハーフ中華そばと組み合わせれば、十分な昼食量です。
DSC01613_9740.jpg
 そして前回のリベンジ、「那須高原卵」の味玉です。流石に黄身の味が濃く、美味いです。
DSC01614_9741.jpg
 この組み合わせは最高でした。流石、ここも注目の恐るべき須賀川ラーメンです。

前回頂いたメニュー↓
2016.5.12 中華そば・並+味玉(料金のみ)
  1. 2017/04/06(木) 21:45:52|
  2. ラーメン・須賀川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

sachs

Author:sachs
福島県内の風物撮影してます。
主食はラーメンが多くなりました。

最新記事

コメントありがとうございます。

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ

ラーメン・郡山 (171)
ラーメン・二本松 (71)
ラーメン・喜多方 (80)
ラーメン・会津若松 (23)
ラーメン・白河 (21)
ラーメン・矢吹・鏡石・石川他 (16)
ラーメン・須賀川 (16)
ラーメン・福島 (45)
ラーメン・会津美里・西会津 (17)
ラーメン・本宮・大玉・県北 (26)
ラーメン・南会津他 (2)
ラーメン・東京 (2)
ラーメン・相馬 南相馬 (5)
ラーメン・いわき (14)
ラーメン・三春・田村 (9)
ラーメン・その他 (11)
ラーメンまっとめ (3)
自作ラーメン (11)
食材・浜通り (8)
食材・会津 (10)
食材・中通り (14)
中華 (11)
小旅行 (18)
洋食 (17)
和食 (63)
モーニング (15)
ドライビング (27)
スイーツ・菓子・パン (9)
温泉・健康センター (14)
車のメンテ (27)
光景 (13)
撮り鉄 (1)
家飯・家呑み (5)
未分類 (10)

QRコード

QR

リンク

このブログをリンクに追加する