sachsの食と車 日記

福島県内のラーメン&日常生活の日記です。

ゆく年2015

今年も皆さまからご訪問頂きありがとうございました。

今年も楽しく有意義な1年ではありましたが、
春に伯父が永眠したことから、新年のあいさつは差し控えさせていただきます。
また来年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト
  1. 2015/12/31(木) 05:57:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

春木屋 郡山分店☆郡山

 今年の最後は郡山地区代表の「春木屋郡山分店」さんです。夏限定の「塩つけ麺の」のパフォーマンスの素晴らしさが、未だ記憶に残りますが、既に新しい期間限定の「みそ中華そば」も提供されているようです。
DSC03614_3126.jpg
 過去の記事を振り返ると毎年同じような行動をしてますが、数あるメニューから1番人気と称される「わんたん麺¥1,000+煮玉子¥100」を頂きます。厚い脂蓋で凝縮された魚介香を閉じ込められた姿は期待通りです。
DSC03615_3127.jpg
 最初にかぶりつくのは、丼の半分近い面積を占める大ぶりロースチャーシューから。適度な厚さ、柔らかさ、味の染み具合と3拍子揃った優れものです。
DSC03616_3128.jpg
 以前より若干ポ小ポキ感弱く感じた麺ですが、麺からも染みだす出汁感も十分です。ワンタンは具が多めで、鶏感が突出しない味付けも好みです。
DSC03617_3129.jpg
 煮玉子の分で昼食予算から足が出ますが、外したくない逸品です。黄身のゼラチン質に甘みがあり、自作で目指すべきスーパー煮玉子がここにあります。
DSC03619_3131.jpg
 過去の記事を見返すと微妙な変化があるようですが、それでも通いたくなる進化し続けるお店です。
  1. 2015/12/31(木) 05:55:39|
  2. ラーメン・郡山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

あじ庵食堂☆喜多方

 2015食い納め、今回は会津地域からの「あじ庵食堂」さんを選ばさせていただきました。移転後初めての訪問となります。
 メニューはこんなにシンプルなってしまい、個人的はガッカリ。『平成ガッツ』『黒マー油ラーメン』が消えたのはイタイ。
DSC03601_3072.jpg
 増殖中の『福島鶏白湯』は本拠地でということで、今回は「チャッチャ・醤油¥750+チャーシュー¥300」を頂きました。Overe¥1,000のラーメン、ちょうちん祭りじゃないけどヤレ!ヤレ!のノリで糸目をつけませんでした。あれ?メンマが変わったような。
DSC03602_3073.jpg
 こちらでは塩を頂くことが多かったのですが、初めてチャレンジしたのが醤油だったんです。見た目は何味?ラーメンか解らないほどの脂層で蓋されてます。コレが下層のスープと混ざり合い、食べる時にベストなハーモニーを奏でてくれます。
DSC03603_3074.jpg
 脂層と肉層が交互に重なる、自称、ミルフィーユチャーシューの旨さが光ります。上質な豚バラが使用され、箸リフトは困難なくらい柔らかさも、移転前と変わらず。ただ、今回何故か味染みが濃く感じられました。
DSC03604_3075.jpg
 営業時間も変更されたようです。
DSC03605_3076.jpg
 毎日朝ラー営業でなくても、無理せずこれでイイかも。 

  1. 2015/12/29(火) 23:09:42|
  2. ラーメン・喜多方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

つむら家☆矢吹町

 今年も早いもので残すところ3日となりました。どうしても2015年内に食べておきたいお店があり、年末に食溜めた記事になりますが、それらの誘惑店をUPします。ただし、文面は省力化します。
 トップは県南代表、こちら矢吹町にあります「つむら家」さんです。この日も毎年チャレンジしている、県南地方からの早朝富士山撮影で、こちらの脂層蓋付きのラーメンを頂けば、冷え切った体に活を入れてくれるはず。今回はコレ!(濃厚という言葉にはどうしても弱い)
DSC03543_3037.jpg
「お魚ラーメン¥800+味玉¥110」です。いつ見ても素晴らしいFace、味玉は一般的価格にプラス10円ですか。解る!自分でも作っているので。
DSC03544_3038.jpg
 微妙な硬質感で歯ごたえも感じる麺は、一般的な白河ピロピロ麺とも一線を画しているような感じです。固麺は好みです。スープは煮干しが強めですが、誰でも頂けるバランスが素晴らしいです。
DSC03545_3039.jpg
 やはり一番は自分のような肉食限定動物には、こちらのお店のコレが何よりの楽しみなんです。
DSC03546_3040.jpg
 味玉は普通タイプですが、経験上、材料が安くても難しい載せモノなんです。最後までKeepしておいたバラチャーシュー、喜びの分厚い1枚でした。
DSC03547_3041.jpg
 同じ手打ち麺に関しまして、白河のピロピロ麺に対し、こちら矢吹町ではボコボコ麺という表現が合ってると思います。


 
  1. 2015/12/28(月) 22:46:05|
  2. ラーメン・矢吹・鏡石・石川他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ドラブレコーダー

 昨年の暮れ、テレビで「信号無視した自転車が乗用車に衝突、過失が明らかでも弱者保護の観点から、乗用車のドライバーの過失になるところですが、乗用車のドライブレコーダーが違法な自転車を捉えていたため、自転車の過失が認められた」なんてな番組が放送されてました。
 これがきっかけで今年の初めにドライブレコーダーを購入しました。
DSC03629_3172.jpg
 エンジン始動後は、30秒ほどモニターに映像が映し出され、その後、モニターはオフとなり撮り続けます。
DSC03628_3171.jpg
 よほどの事態が発生しない限り、録画状況を確認することはないですが、SDカードをPCに入れてアプリケーションをクリックすると、こんな映像が表示されます。この機能を利用して、今回は題して「郡山駅前までの渋滞回避方法」という記事にしてみました。

①山形、福島からアプローチする方は、私のルートと同じように、日和田から国道4号郡山BPへ

②この先でも降りれますが、今年から上り線の意富田ランプが利用できます。
D2.jpg
③内環状線を横断してから右折し、県道郡山喜久田線(通称:ラーメン街道<郡山大勝軒の前>)に流入します。会津若松、喜多方から国道49号を利用する場合は、トライアルか、卸団地の交差点を左折すればこのルートとなり後は同じです。
富田新駅の建設現場から磐越西線に沿って市街地を目指します
D3.jpg
④東部幹線が開通すれば、いずれ無くなる越後街道踏切を横断し、ツルハを過ぎて黄色の点滅信号を左折します。
この道路がポイントです。交通量が多くなかなか横断できない、国道4号線を簡単にアンダーパスし旧国道に流入できます。
D4.jpg
⑤旧国道に流入し逢瀬川を通過すれば市街地です。駅前までは美術館通りに左折するか、さらに直進し駅前通りに入る等のルートもありますが、自分は特異なルートで行きまが。
D5.jpg
撮影した動画はレコーダーに取り込むことも可能です。
・LED信号の同調問題は解消されていますが、見ずらい
・ノイズ対策となってますが、場所によっては大幅に乱れる場合あり
・旅の記念と言うことも耳にしますが、広角アングルのため目的が異なる
・動画は1920×1080ピクセルのフレームレート30pだが、画質は酷い

参考までに↓
[広告] VPS


 「無いよりは在った方が役に立ちます。というより出番がないのが一番です」
  1. 2015/12/28(月) 06:18:55|
  2. 車のメンテ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

三松会館☆郡山

 土曜日の午後3時過ぎお目当てのお店は営業終了、通し営業のお店もあるが、なんとなくディスカバーしたい気分が、セルフランチ難民になりそうな気配。そんな時、駅前アーケードを下ってくると足を止めてみたくなるお店がありました。郡山の定食の殿堂「御食事処 三松会館」さんです。(学生時代の歓迎コンパで飲まされ過ぎて酷い想いをし、10年位前に食った定食がこれまた外れてたような記憶)
DSC03468_2999.jpg
 進化に期待をよせ、なんとなく暖簾を潜ってみました。昔から定食と麺類は充実してましたが、一品料理も増えたような。
DSC03463_2994.jpg
 洋食もスパゲティやハンバーグに加えピラフ等、撮りきれないほどパワフルになってました。
DSC03464_2995.jpg
 日本酒は壁掛けメニューに『天明山田錦』、『花泉ロ万』等の銘柄もあり、焼酎のもこの通りですが、芋の種類が数ページに及ぶ豊富さです。店内では2,3組が宴会モード、自分と同じ1人者、数名が一品料理で日の中から呑んで居らっしゃる。
DSC03465_2996.jpg
 この日はトンカツが目的でしたが「ハンバーグ鉄板焼き¥780」とAsahi大瓶を頂きました。期待通り昭和を感じさせる赤スパ付きのハンバーグです。目玉焼きでなく、茹で玉子にケチャップも滅多に見かけないスタイルで面白い。  
DSC03466_2997.jpg
 ハンバーグはやや香辛料の強さが気になりましたが、粗挽きの玉ねぎの食感を残すあたりは手作りの証です。やはりハンバーグ(に限りませんが)にビールは旨い!
DSC03467_2998.jpg
 他の店がアイドルタイムでも、しっかり呑んで食える、昼呑みにとってはオアシスです。今までのお店のイメージと一変しましたが、大いに気に入りました。日曜日以外であれば、交通機関利用のエキマエもイイです。
  1. 2015/12/27(日) 06:40:19|
  2. 洋食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

めん処 成☆郡山

 以前から課題だった郡山市朝日1丁目にあります「めん処 成」さんの暖簾を初めて潜らせて頂きました。駐車台数に限りがあり、車で来ては何回も惜敗していましたので、今回はバイクで来店です。
 出汁は青森シャモロック鶏出汁と豚ゲンコツ出汁の2本立てのようです。鶏出汁の「塩そば」もゲンコツ出汁の「豚そば」も魅力ですが、
DSC03497_2978.jpg
 今回は両者のいいとこ取りしていそうな鶏豚Wスープの「じゅんそば¥750+煮玉子¥100」を頂いてみました。漆黒スープにうっすらと浮かぶ背脂が少なくチョット肩透しくらった感じです。
DSC03498_2979.jpg
 丼の半面を覆い尽くす特大ロースチャーシューも柔らかく、上質な味わいと食感が楽しめます。背脂はキメが細かく、クドサは皆無で、このスープによく馴染んでました。
DSC03499_2980.jpg
 麺はポキポキ感ある細固麺で喉越しも抜群、スープの出汁は微妙で、どちらかというと鶏が勝っていたような感じで、深みのあるカエシが全体の味わいを支配してました。
DSC03500_2981.jpg
 喜多方の背脂と郡山BlackがMixされたようななスープに満足。次回はアッサリと「塩そば」か、思い切って「豚そば」で決まりです。しかし、そろそろバイクもヤバくなってきたな。
  1. 2015/12/25(金) 22:44:01|
  2. ラーメン・郡山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

幸楽苑☆郡山

 今年は12月でも降雪が無く、二本松市、霞ケ城跡にバイクで行ってみました。早朝6時前でカメラマンが5,6名居られましたが、日の出前に霧が発生してしまい居合わせた皆さんもシラケたムードに包まれました。その寸前の気温は氷点下2,3度の厳しさ、そしてこの時期の霧とは珍しい現象かもしれません。
DSC03489_2970.jpg
 熱いラーメン食ってヒートアップしたいですが、ちょっと足をのばし「幸楽苑 栄町店」に行きました。
 24時間営業のこちらは同じ敷地に社員の研修施設もあり、幸楽苑グループ総本山と解してます。オーダーボタンを2回押してもなかなか来ない店員、まだ研修中なのでしょうか。3回押す羽目になったらキレるお客(自分も含め)も多いハズ、研修後は成果を十分に活かしてほしいものです。
 他のお店と異なり、こんなメニューもあります。
DSC03493_2974.jpg
 今回は少し質を上げ「坦々麺¥637」を頂きました。肉味噌は少ないですが、値段相応の坦々麺です。
DSC03494_2975.jpg
 サラッとしたスープで、ゴマ感がもう少し強いと素晴らしいのですが、中華専門店ではないので十分でしょう。
DSC03495_2976.jpg
 肉味噌は誰でも頂ける無難な、しかも自分には甘過ぎる味付けです。デフォでは値段相応ですが、ラー油を投入することでスープ自体のゴマ感も増し、程良い辛さの坦々麺に仕上がりました。
DSC03496_2977.jpg
 
  1. 2015/12/24(木) 06:28:08|
  2. ラーメン・郡山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

比内亭☆郡山

 今回は久しぶりに郡山市喜久田町の7-11郡山IC店から県道を南進したY字路にある「比内亭」さんの暖簾を潜りました。メニューは「あっさり比内地鶏ラーメン」と「こってりとんこつラーメン」のパターンで構成されています。
DSC03455_2986.jpg
DSC03456_2987.jpg
  今回は「比内地鶏ラーメン・塩¥650+味玉¥100+黒醤油チャーハン¥300+無料ニンニク」を頂きました。塩ラーメンにニンニクは如何なんもんと思われますが、無料ならトッピングしてしまいます。
DSC03457_2988.jpg
 スープは確かに鶏味がリードします。比内なのか、青森シャモロックなのか、会津地鶏なのかは私には解りませんが、間違いない鶏出汁です。細麺の割にはコシもあり、好みの固さです。
DSC03458_2989.jpg
 鶏言えどチャーシューは豚バラを使用、たった1枚ですが柔らかく、味染みも良く、チャーシューは豚に限ります。
DSC03460_2991.jpg
 前回も頂きましたが、やはりこのチャーハンは外せません。(あと、50円安いとありがたいですが)具はチャーシュー、玉子、ネギですが、あまりにも器用なみじん切りでその存在は確認できないほど。むしろ具より焦がし醤油の旨味を味わうチャーハンでしょうか。この日は自分の好みの、かなりパラパラに仕上がり満足度が高いチャーハンでした。
DSC03461_2992.jpg
 八山田付近の「皐月亭」さんとも関係あるのかな?あの店もしばらく訪問してませんが、PCは高かったようです。
  1. 2015/12/19(土) 19:43:23|
  2. ラーメン・郡山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ケラン☆郡山

 郡山市安積町荒井・・・(国道4号BPから免許センターに向かう途中)にあります「らーめん厨房 ケラン」さんを数年ぶりに訪問しました。白醤油の「醤白ラーメン」でお馴染みですが、あまりにものヘルシーさで遠ざかっていました。この日は開店間もなく到着し着席できましたが、数分で行列となる人気ぶりです。今回はmaxmaxさんの記事で拝見したメニュー、「こってり醤白¥700」を頂きました。喜多方や会津は珍しくありませんが、郡山でこの背脂浮きは一部の限られた店でしか頂けません。
DSC03327_2825.jpg
 スープのベースはアッサリな醤白ラーメンと同じですが、背脂が入ることでワイルドになります。丼の3/4を占めるホロホロと柔らかい、肩ロースチャーシューも見事にマッチしてます。
DSC03328_2826.jpg
 麺は平手打ちの縮れ麺で、若干固めな感じで十分なコシも好みです。
DSC03329_2827.jpg
 ラーメンの旨さに加え、厨房までこなす奥様の接客姿勢が素晴らしい。その姿にに惚れ込みもう一品、「餃子¥300+半ライス¥100<さらにその半分>」を追加オーダーしました。パリパリ感の薄皮餃子は野菜主でラーメンのプラス1品にも向いてます。テーブルには自家製辛味噌もありますので、このツールをラーメンにも餃子にもフルに使えるのが嬉しい。
DSC03330_2828.jpg
 今までの「超アッサリ=物足りない」という概念が一気に飛びました。味噌もありです。 
  1. 2015/12/17(木) 19:35:14|
  2. ラーメン・郡山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

正遊☆郡山

 会津でウンメ~味噌ラーメンを食って、川道の駅あいづ・湯川で休憩し、まんまーじゃで食材買えば、この日のミッションは完了です。帰りは磐梯熱海にあります「麺屋 正遊」さんとなりました。
DSC03312_2790.jpg
 なんか肉食いたい気分で、「チャーシューメン\920ワンタン麺¥860」を頂きました。
今度は寒さでデジカメまでが委縮したのでしょうか?
スープは深みのある鶏味、コレは磐梯熱海の名水効果でしょう。麺は柔め、モモチャーシューは薄く無味、アレ~。でもカブリは厚みもあり、バラ同様に柔らかく、味染みも抜群でした。
DSC03311_2789.jpg
 さすが、「白河ティーゲル」の郡山西部の巨匠です。
  1. 2015/12/15(火) 20:24:00|
  2. ラーメン・郡山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

空山(Ku-Zan)☆会津坂下

 先週から猪苗代は冬景色に変わり、先々週が今年最後のバイクde朝ラーとなりました。 向かった先は去年オープンしました、会津坂下町の「空山」さんです。夜の飲食ビルの1Fですが駐車場はお店の斜め向かいにあります。8時に着き同じ福島ナンバーのライダーに軽くあいさつを交わしお店へ。(朝ラー目的で寒さを凌いで行った訳ではありませんが、彼らも酷寒の猪苗代越えしてきたことは偉い!)喜多方に行かずこのお店を選んだのは、今年の春から課題メニューがありました。
DSC03305_2783.jpg
 早速頂くには「焔¥700+味玉¥100+ニンニク¥50」です。ネギが多めで、その下にモヤシ層といったオーソドックスな辛味噌ラーメンです。黒マー油がイイ感じですが、もっと大胆に広がって欲しい感じです。
DSC03306_2784.jpg
 スープは比較的濃厚ですが、動物、魚介の出汁が特出するようなことはないです。チャーシューは小型ブロックチャーシューが数個。辛みもメニュー名から想像できないほどマイルドですが、トータル的にはバランスが取れた旨い味噌ラーメンでした。
DSC03308_2786.jpg
 「空:醤油」、「山:味噌」、「雲:塩」と別格な「焔:辛味噌」、一気に体温が上昇するような破壊力が欲しいですが、今後に期待します。

前回頂いたメニュー↓
2015.6.26 雲(塩)
  1. 2015/12/11(金) 22:56:12|
  2. ラーメン・会津美里・西会津
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

若武者☆二本松

 麺が変更されたことを知り、「麺処 若武者」さんに行きましたが、店外のテントまで待ちができ敗退(ラーメンショーで大将不在?)、再チャレンジでは早い時間に到着し余裕で入店できました。麺とスープの旨さを味わうなら、この季節限定の「極上 上湯麺」なんですが、この味が解るほど味覚には自信もなく、普通に「煮干し中華¥680+味玉¥100」を頂きました。デフォで半煮玉入り、忘れてました(汗
DSC03363_2864.jpg
 塩梅も薄めに仕上げられ、煮干しのビター感が前面に出たスープが全体を支配するため、麺の変更で極端な変革は感じられませんでした。今までの麺でも十分な旨味で、強いて言えばこの硬質感ある細麺は、良くこのスープにマッチングしているといった印象でした。
DSC03364_2865.jpg
 チャーシューにも変更が加えられ、低温調理のモモチャーシューとなりました。メニューにある豚シリーズやジャンクに使用されるバラとは対照的で、肉の旨味としっとり感がビタースープに活きてきます。
 DSC03365_2866.jpg
 以前頂いた常識を覆す、喜多方「なまえ」食堂さんの極太麺を使用する「ほんのり煮干し・・・」といった特別メニューほどのインパクトには、足元に及ばないほど軽めでした。

 連続3回目の訪問は、麺の変更を受けメニュー全体の説明が書き直さたことに気づき、
DSC03435_2902.jpg
あの、東洋水産とYahooの「第七回 最強の次世代ラーメン決定戦!」なる企画で「合わせ味噌ド豚骨ラーメン」と同時にエントリーした「ブラックペッパーまみれのジャンクnoodle」のベーシックモデル、「俺のブラックペッパージャンクまぜそば¥880」を頂きました。インパクト大な豚バラチャーシューが堂々と中央に鎮座してます。併せて鶏チャーシューもチョコット(汗
でも脂は丁寧に取り除かれ、低温調理されたもので一安心。
DSC03436_2903.jpg
 具はチャーシューの他にモヤシやネギと具沢山。このため、ショッパイとされているスープも気にせず、女子でもアッサリと頂けます。もし濃いめに感じたなら調整は可能です。
DSC03439_2906.jpg
 ある程度野菜を片付け天地返しすれば、出るわ出るわ大量のブラックペッパー。レッドペッパーに比べ刺激が弱いという先入観が一掃されます。辛に弱い方厳禁、半端でない量のカルボが沢山麺に纏い、ジャンクらしさを堪能できます。
DSC03437_2904.jpg
 夜限定の「元祖 福島鶏白湯」や季節限定の「極上 上湯麺」の魅力メニューもありますが、期間限定で登場したメニューでもテクノロジーが常に、レギュラーにフィードバックされ進化し続けているNO1のお店です。

関連したメニュー↓
2015.8.30「合わせ味噌ド豚骨ラーメン¥880」


2015.6.6「ほんのり煮干し薫る手打ちラーメン¥780+辛玉¥100」
  1. 2015/12/09(水) 20:59:00|
  2. ラーメン・二本松
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

自家製麺 工藤☆郡山

 久しぶりに平日に休めたので、9月にオープンした「自家製麺 工藤」さんに行きました。人気の「郡山大勝軒」さんから、一時「若武者」さんにも在籍したラーメン職人、工藤さんのお店です。
 『当店は・・・ベストコンディションでおだしします』って、忘れかけていましたが意外と大事で、期待も高まります。
DSC03260_2747.jpg
 今回頂きましたのはベーシック「つけ麺¥800+味玉¥100+辛し¥50」を。両脇のお客様に気兼ねなく頂ける平日につきテンションが上がり、また撮影失敗。存在感十分のメンマとブロックチャーシュー盛は確認できます。
DSC03261_2748.jpg
 味のある硬質太麺、後述しますがこの麺が素晴らしい!
DSC03262_2749.jpg
 巨大ブロックチャーシューはそのままオツマミ食いも良し、ドボンしてつけ汁を滲ませ味わうもよし。脂膜に覆われるつけ汁は酸味も加わり、バランスは前回頂きました濃厚より個人的にはこちらの方が好みです。
DSC03263_2750.jpg
 今年の「福島ラーメンショー」で登場した工藤さん開発の「辛玉」ならぬ、「辛し」、コレが辛いだけでなく、色々なエキスが加わり美味なんです。醤油、塩以外であれば必ず入れたくなるツールです。
 黄身が流れ出ないほどに抑えられた味玉も素晴らしい出来です。
DSC03264_2751.jpg
 先ほどの自家製硬質麺なんですが、つけ汁にしばらく漬け込むとでジンワリとつけ汁の旨味を吸い、麺の旨味と融和した逸品つけ麺に仕上がります。今までは、つけ汁に入れたら即ガッついてましたが、コレがベストな食べ方です。
DSC03265_2752.jpg
卑しく、恥ずかしながら初めて、つけ麺の醍醐味を学習された、流石の自家製麺のお店でした。

前回頂いたメニュー↓
2015.9濃厚煮干しつけ麺
  1. 2015/12/06(日) 07:16:52|
  2. ラーメン・郡山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大勝軒☆郡山

 現地10時30分着で行ったのは「郡山大勝軒」さんです。既に数名のお客様で待合室は満席です。目的は限定30食の「濃厚魚介つけ麺」です。
DSC03189_2617.jpg
 いつもの極細お姉さまが開店前にオーダーを受付してくれますので、着席してからの待ち時間も数分程度。この日はチョット長めだったかな。
久々のご対面「濃厚魚介辛しつけ麺・並¥850+味玉¥100」です。見るから濃厚そうな、つけ汁もたっぷり。調節自由な辛子別皿も好きです。しかし麺が・・・圧巻です。
DSC03190_2618.jpg
 濃厚つけ汁の底に沈んでいるお楽しみブロックチャーシューとメンマに加わり、玉ねぎの微塵切りも入ってます。、そして鶏ガラ、豚骨の動物系に加え、煮干、サバ節、宗田節が使われ、骨粉感で香ばしさを増し、麺に絡めるソース的なイメージです。
DSC03191_2619.jpg
 ドロリとしたつけ汁には酸味が無く、専用に作られた硬質極太麺を3/4食した付近で、やや飽きがきてしまいました。辛さを強めに調節し大汗かきながら、やっと完食できました。同時に入店したお客様はほとんど退席され、いつもより時間が掛かってしまいました。
DSC03192_2620.jpg
 お隣の方も同じ濃厚の「中盛フルトッピング」を覗いたら、麺量が全く同じ。麺慮アップのサービス?道理でいつも頂くの量より多く長時間ステイし、初めて苦戦を強いられました。これからはスープ系も旨いし、歳相応に無難な小盛りにしておきましょう。  
  1. 2015/12/03(木) 04:31:02|
  2. ラーメン・郡山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

大須賀☆郡山朝日店

 郡山市朝日(ベニマル本社南側)にオープンした「大須賀」さんの朝日店に行きました。店前は3台程度の駐車スペースしかないですが、建物の屋上が駐車場になってます。(昔、正面の店でつけ麺食いましたが、麺を2/3食った時点でつけ汁が無くなったことを思い出しました)
DSC03143_2571.jpg
 以前、台新にある本店で頂いた、つけ麺も大変美味しかったと記憶しておりますが、
DSC03144_2572.jpg
 今回はお店イコールの「ともらーめん¥790・野菜少・ニンニク」を頂きました。野菜少は女性向けと言われますが、初めてなんで失敗しない程度に、このくらいの量が無難でしょう。
DSC03145_2573.jpg
 標高は低いですが、タンメン系の大盛りよりは遥か凌ぐ量です。この系はスープには、モヤシを完食できるパフォーマンスがあるかがカギでしょうか。またこの類で豚ではなく、柔らかなチャーシューを使用しているのも、個人的にポイント高いです。
DSC03146_2574.jpg
 食べてみるとスープは意外にアッサリしてますが、適度なオイル分に潤滑され、ワシワシ麺とボイルモヤシをすんなりと食べ進むことができました。ニンニクも一役担った重要な存在かもしれません。
DSC03148_2576.jpg
 富士山盛に邪念がありましたが、野菜少盛りならがも意外とアッサリと頂けましたのは、スープの塩梅とオイルのバランスの良さでしょう。この系の店にありがちな変なルールも無く、Familyでも安心して行ける雰囲気もお気に入りです。
次回は魚粉なんかもトッピングしチャレンジたいです。
  1. 2015/12/01(火) 19:15:08|
  2. ラーメン・郡山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

プロフィール

sachs

Author:sachs
福島県内の風物撮影してます。
主食はラーメンが多くなりました。

最新記事

コメントありがとうございます。

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ

ラーメン・郡山 (164)
ラーメン・二本松 (68)
ラーメン・喜多方 (75)
ラーメン・会津若松 (20)
ラーメン・白河 (21)
ラーメン・矢吹・鏡石・石川他 (15)
ラーメン・須賀川 (15)
ラーメン・福島 (43)
ラーメン・会津美里・西会津 (17)
ラーメン・本宮・大玉・県北 (26)
ラーメン・南会津他 (2)
ラーメン・東京 (2)
ラーメン・相馬 南相馬 (5)
ラーメン・いわき (14)
ラーメン・三春・田村 (8)
ラーメン・その他 (9)
ラーメンまっとめ (3)
自作ラーメン (10)
食材・浜通り (7)
食材・会津 (10)
食材・中通り (12)
中華 (10)
小旅行 (16)
洋食 (17)
和食 (53)
モーニング (11)
ドライビング (27)
スイーツ・菓子・パン (9)
温泉・健康センター (14)
車のメンテ (27)
光景 (11)
撮り鉄 (1)
家飯・家呑み (3)
未分類 (10)

QRコード

QR

リンク

このブログをリンクに追加する