sachsの食と車 日記

福島県内のラーメン&日常生活の日記です。

やまき☆二本松

 二本松市若宮にあります「やまき」さん、季節訪問の時期となりました。テーブルメニューを見て・・・まだ早すぎたかな?。と思い定番の「塩そば¥700」をデフォルトで注文。しばらくしてカウンター上空を見上げると、壁掛けメニューに「温玉つけ麺」の札が・・・シマッタ!
 でも着丼して、いつものとチョット違う。
DSC02069_1376.jpg
 いつの間にかチャーシュー(やまきさんでは焼豚と称されてます)が、低温調理仕様になってます。しっとりと肉の旨味が封じ込められ、脂肉部とのバランスも絶妙です。
 スープは繊細なWスープに、焦がしネギが良きアクセントになり、奥深い味わいを演じてくれます。いつも脂っこいものを好む自分には、必要な脂分を持ち合わせていることから、車両パーツで表現すれば劣化グリースが、CRC556で洗われる感じでしょうか。
DSC02070_1377.jpg
 塩そばには店内の製麺室で作られた細麺が標準仕様となります。細麺ながらもしっかりスープの旨味をキャッチしてくれます。
DSC02071_1378.jpg
 ラーメンなのかそばなのか?二本松のこの2店(若武者さんもメニューにより麺はやまきさんへ特注)はしっかり使い分けをしているようです。

過去記事↓
2015.1.17 バラ肉そば
2014.8.20 温玉柚子つけめん
2014.2.6 塩生姜そば
2014.1.8 味噌そば+味玉
2013.8.15 焼豚そば
2013.5.23 塩そば太麺仕様+煮玉
2013.1.19 バラ肉そば
2012.8.17 つけそば

スポンサーサイト
  1. 2015/07/26(日) 02:37:54|
  2. ラーメン・二本松
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

そば処 やなぎや☆二本松

 今回は蕎麦です。と言っても普通の蕎麦ではありません。こちらの若武者さんブログがきっかけとなりました。場所は同じ二本松市本町、並びからして「若武者」さんの南側、まゆみ通り沿い(※一方通行)にあります、歴史あるお店です。 
 で、早速「つけそば+かき揚げ¥1,000」を頂きました。
DSC02135_1457.jpg
 季節のかき揚げは夏らしく枝豆や赤ピーマンが入り色合いも鮮やかで、当然蕎麦屋さんの天ぷららしく揚げ方も抜群です。
DSC02137_1459.jpg
 蕎麦はいつも、やなぎやさんで使用されているタイプとは見た目から細く、異なるようです。
DSC02140_1462.jpg
 和蕎麦と濃厚な福島鶏白湯?果たしてその出会いはどんな演出をしてくれるのかと。
つけ汁には小さな鶏肉片も入り、コラーゲン豊富な鶏白湯は辛口カエシと僅かな辛みが効いて、引き締まった感じ。コレに細めで硬質感ある蕎麦を入れれば新感覚のざる蕎麦です。薬味のネギと牛蒡天、ツマも加わり、ざる蕎麦には無い賑やかな味の演出をしてくれました。
DSC02138_1460.jpg
 福島鶏白湯と言えばグッとくる強烈な鶏出汁を連想しましたが、これに特製のカエシや薬味を入れることで静まり、硬質な蕎麦にはピッタリのつけ汁に変わるのは驚きです。濃厚つけ麺好きでも、ゴワゴワ麺が弱い方に強い味方ができました。  

前回頂いたメニュー↓
2015.3.29 煮込みカツ丼ミニ蕎麦セット
  1. 2015/07/23(木) 19:51:51|
  2. 和食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

あんかつ☆福島

 6月に福島市松川町に新たにオープンしました「麺処 あんかつ」さんを訪問できました。場所は旧国道沿いの松稜中学校のすぐそば。目印は横断歩道橋です。店主の安藤さんは同じ松川町の人気店「うから家から」さんで修業され、流れで若武者山本大将率いる「福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊」にも参戦され、新規に開店されたそうです。
DSC02112_1421.jpg
 店内のデザインも本人自ら手掛け、洒落た店内はカウンター、テーブル、小上がりと、様々なスタイルに応えられるように、セッティングされてます。自分の架けた白木のカウンターに黒い椅子なんかもセンス抜群。オブジェなのか、実用なのか?ゴリラ?無性に我が趣味、後付けのエアファンネルが気になりました。
DSC02114_1423.jpg
 メニューはオープン当初、ブロでは醤油と塩の2本立ての調査報告でしたが、つけ麺が登場しているではないですか・・・。ここは初訪のお店、ブレてはいかん! 
DSC02113_1422.jpg
 ブレずに予定通り「ラーメン・塩¥750+味玉¥100」を頂きました。
うっすらと濁りを感じライトな脂蓋されたスープは、鶏を前面に出しているとPRしてますが、むしろ自分感覚ではカツオ出汁の美味さを感じてしまいます。この絶妙な両立バランスが素晴らしい!ここに若武者山本代表の影を感じます。
DSC02115_1424.jpg
 チャーシューは3枚、特筆すべきは2枚のモモチャーシュー。低温調理という技法が施され、モモ特有の固さはなく生肉のような感覚で、肉本来の美味さがギッシリ封じ込められております。
DSC02116_1425.jpg
 そして1枚はバラチャーシューです。脂身多くフワトロ、味染みもも抜群。この2種類のチャーシューは「あんかつ」さんの強力なウゥポンとなるでしょう。
DSC02117_1426.jpg
 味玉も良く出来ております。味染み抜群、適度な黄身の固さ。
DSC02118_1427.jpg
 このスープによく合うこの麺、モッチリとした食感も良いです。当然、白河ピロピロ系ではありませんが、多加水の喜多方系でもなく・・・。二本松のどこかで作ってんのかな?
DSC02119_1428.jpg
 もう次はつけ麺モードです。
さっきなも前通ったら、シャッター混雑は退けたようです。福島でもいろんな店あるが、まともにラーメンを提供できる、コチラの躍進に期待したいです。 
  1. 2015/07/20(月) 20:13:14|
  2. ラーメン・福島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ツーリング☆会津方面

 梅雨時期のツーリング、仲間から依頼で生憎な時期に企画しました。「どこに行きたい?」、「何を食べたい?」、「何を見たい?」に対し、全てお任せという回答は一番悩ますものです。それなら気まぐれ自分ペースで行けばいい。
 みんな、いつの間にやらマフラーを交換している。ノーマルの排気音に乏しいと言うが・・・。燃費が犠牲になっているらしい。
DSC02092_1402.jpg
 排気効率上がっても、吸気効率とのバランスが取れない筈。燃費を犠牲にするなら、相応のPowereを享受できない限り、自分としては気が向かない改造だね。
DSC02093_1403.jpg
 この日の天気はいわきがイマイチ、会津ならナンとかということで、国道49号線を行き強清水からは滝沢に抜けました。計画通り「大笑家」さんに到着。会津若松市内に入り、鶴ケ城の付近を通過したら美味そうなソースカツの香りに刺激を受けたため「ラーメン・ミニソースかつ丼セット¥1,050」を頂きました。
DSC02086_1396.jpg
 いつもは背脂入りを頂いてますがノーマルの煮干感強のスープも美味いです。チャーシューは薄いですが脂身多く味染みも良くできてます。カツは衣がかなり固め、薄味で会津のソースかつ丼の常識を超えたものですが、米どころの飯の美味さは絶品です。
DSC02087_1397.jpg
 帰りは馬刺しを求め友人が案内した「大久保肉店」に。本店は「豚骨ラーメン Hajime 猪苗代店」さんの隣にありますが、最近、国道49号線にある「世界のガラス館」の向かいにオープンしたようです。レストランを併設したこの店舗では、100g~150gのブロックを真空パックで販売しており、さらにスライス代が¥100かかるとのこと。当たり前に自分が好きなレバー刺しもなし。馬刺しは好きな部位をグラム単位で買いたいもの。別途スライス代なんて会津では聞いたこと無い。
DSC02091_1401.jpg
 仕方なく試しにメンチを買ったが、想像した通りの商品でした。
愚だまきながら外で一服していると、フェラーリグループがガラス館へ。先頭が真っ赤な360モデナ、色違いの同型が3台続き512TR、最後はなんと512BB!!512BBが奏でる吸排気音には痺れます。(ガラス館でミーティング・・・、みんなやることは同じカ)
DSC02098_1437.jpg
 解散昼食は東北道下り線安達太良SA、蛇の花口から入店できます。自分は「海老・ヒレカツ膳¥1,180」、またもやカツを選んでしまった。
DSC02094_1404.jpg
ヒレ肉数枚は嬉しいが、間違いなく麓山高原豚でないことを証明する固さ。海老フライは極めて普通、値段もSA価格。「五百川食堂」にすれば良かった。
DSC02095_1405.jpg
 今回はドタキャン相次ぎ参加台数がたったの3台、目的が曖昧なツーリングというよりは、ラーメンを食いに行っただけで終わりました。フェラーリグループに遭遇したのが目の保養になりました。
  1. 2015/07/19(日) 04:53:07|
  2. ドライビング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

Hajime☆郡山

 郡山市安積町荒井にあります「とんこつラーメンHajime」さんです。このブロ始める前に2回ほど頂いて以来、久々の訪問となりました。現在は猪苗代店もありますが、当時としては本格的な豚骨ラーメンを頂ける店も数少なかったかなと。
 メニューも、もちろん値段も変わりました。
DSC02029_1339.jpg
DSC02030_1340.jpg
 今回は「黒つけ麺¥826+半熟たまご¥103」を頂きました。
DSC02031_1341.jpg
 豚系出汁のつけ汁には、魚粉が入り濃厚ながら塩梅も程良く、スープ割しなくてもゴクゴク飲めちゃいます。ラーメンではお馴染みのモヤシも入った具沢山タイプ。チャーシューは薄切りの豚バラが数枚、ブロックが好みなんですが普通に美味いです。このつけ汁にはテーブルにあるニンニクをクラッシュして入れるのがおススメです。
DSC02033_1343.jpg
 今、主流のつけ麺とは異なり普通の太麺ですが、特に好み分かれず普通に頂けます。
DSC02034_1344.jpg
 誰にでも普通に頂けるつけ麺なので、マニアにはちょっとPowere不足があるかも。原点のとんこつ系なら間違いないでしょうね。 
  1. 2015/07/16(木) 19:50:47|
  2. ラーメン・郡山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

晩飯☆ベイシア二本松

 最近、二本松市安達にある「スーパーセンターBeisia安達店」が結構、お気に入りです。ベニマル、イオンでは目にしない魚があったり、しかも郡山駅Pivotよりも安く手に入ります。今回、買ったのは「マコかれい¥780」「県産和牛(イチボ)¥669」です。
DSC02076_1383.jpg
DSC02077_1384.jpg
 久々の5枚おろし(まだ3枚だが)、極力、えんがわを残すテクは面倒ですが。
DSC02079_1386.jpg
 皮を薄く剥いで、スライスすれば出来上がり。
DSC02080_1387.jpg
 原発事故前は相馬、双葉地区の魚店で入手できました。寿司ネタとしてヒラメが休魚の時期に代わりに使われる白身です。癖もなくヒラメと区別がつかない美味さです。
DSC02083_1390.jpg
 和牛カルビは「イチボ」という部類。程良い脂質と赤身がバランス取れてます。
DSC02082_1389.jpg
 脂分が多いカルビとは異なり、焼いたら肉が無くなるなんてことはありません。赤身の部分はしっかり残り、しかも柔らか。刺身と同じく、ワサビ醤油が合います。
DSC02084_1391.jpg
 昨日、食ったオマケ。「本マグロ中トロ&鯛¥798」
本マグロの産地は色々ありますが、見た目以上に筋っぽさもなく上々でした。
DSC02126_1435.jpg
 値段相応のツマミには、飲み物も相応の発泡酒&焼酎。晩飯&晩酌はこれで良いんだ。
  1. 2015/07/13(月) 20:20:20|
  2. 食材・中通り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

スーパーラーメン安達店☆二本松

 旧安達町(二本松市)の国道4号バイパス下り線に位置する「スーパーラーメン安達店」さんです。隣には「椿・ラーメンショップ二本松店」や上り線には「ラーメン専科安達店」「本丸 二本松店」もあるチョットした激戦区です。
 DSC02040_1350.jpg
 セット物がが充実しているメニュー。以前はスーパーラーメンが¥290だったんですが、今は¥320に値上がってしまいました。
DSC02041_1351.jpg
 券売機で購入した番号札を渡し、出来たら配膳口まで取りに行き、最後は食器を返却するとい、完全セルフによるシステムです。
DSC02042_1352.jpg
 滅多にセットは頂きませんが、周りのコールと破格値に釣られ「塩セット¥600」を頂きました。塩ラーメンにご飯、餃子3個、おしんこ(食べないので返却)の構成です。
DSC02043_1353.jpg
  スープはアッサリですが、ツブツブ背脂が入って好みのタイプです。細い割には最後まで伸びをしらない麺もマズマズです。チャーシューは1枚ですが、しっかり作られ(失礼ですが)冷蔵臭も無し。好みですが自分にはコーンが多すぎました。
DSC02046_1356.jpg
 餃子はいたって普通ですが、肉と野菜バランスが良くできてます。
DSC02047_1357.jpg
 ご飯の量が意外に多く、おかず餃子は5個欲しいところ。¥600で自分には超満腹だったので、次回はご飯半量のほうが、楽しめそうです。
  1. 2015/07/10(金) 19:39:56|
  2. ラーメン・二本松
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

春木屋郡山分店☆郡山

 無芸大食さんの記事で、夏のつけ麺スイッチがONになり「春木屋郡山分店」さんに行きました。頂いてきましたのは、この夏、限定の「塩つけ麺・小\850」です。他店でも珍しい「みそつけ麺」も魅力ですが、限定の塩味にも春木屋テイストを期待します。
DSC02067_1374.jpg
 つけ汁には柔らかなモモチャーシュー、黄身に甘さが仕組まれた半味玉が入り、表面が脂層で蓋されています。定番の魚介凝縮味に、キレの良い酸味が加わることで、夏に頂く爽やかさも備えてます。
DSC02066_1373.jpg
 こちらはつけ麺のよく使われる太麺と反し、加水率低めの縮れ麺です。オイリーなつけ汁を潜らればスルッと口に入り、つけ汁の旨味が纏わり、併せて麺の旨味が広がります。つけ汁、具、麺から生まれる三位一体の美味さは、まぎれもない春木屋テイスト。
DSC02068_1375.jpg
 食後まで尾を引くオイリー感の美味さ、さすが春木屋さんです。行列にめげず、定期訪問が必須のお店でした。

前回頂いたメニュー↓
2014.12.30 塩中華そば
  1. 2015/07/07(火) 20:15:42|
  2. ラーメン・郡山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オイル交換

 この冬にやったBikeの腰上オーバーホールから、もはや1,000km以上も走行してしまいました。てな訳でエンジンOH後の初のオイル交換です。ストレーナーカバーとドレンプラグは、去年新品に交換したもの。
DSC01327.jpg
 カバーごと外し、オイルフィルターの経路にエアガンで圧力をかけると、廃油がほぼ全量排出できました。
DSC01245.jpg
 金属網のストレーナーには特にスラッジ等は無いようです。あったら大変、当たり前ですが。
DSC01257.jpg
 ところが、マグネット付きドレンボルトはこの通り。金属スラッジとはいかないまでも、細かなコロイド状の粒子が付着・・・どんなにいオイルを使用しても、微妙に摩耗するみたいです。また今回は駆動系のOHはやっていないのも要因かも。
DSC01711_1006.jpg
 オイルの粘度は夏場と冬場で分けて、今回は夏場の熱地獄を乗り切るため「モチュール300V」の15W-50を選択。
DSC01723_1018.jpg
 これにお気に入りの摩耗修復機能を持つ「SUPER Zoil」を10%添加します。高価な添加剤だけにフィーリングが変わります。
DSC01721_1016.jpg
 オイルエレメントはオイル交換2~3回に1回交換するとされていますが、エンジンOH後なんで交換しました。これも、金属粉の混入を低減させるため「KIJIMAマグネットINフィルター」です。
DSC01724_1019.jpg
 興味津々で古いフィルターをバラしてみたら、かなり強力なマグネットがINされてました。ここにも金属コロイドのような物質が。マグネットが無く、フィルターでキャッチできない場合、このコレストロールが循環する訳か。だからマメにオイル交換が必要・・・改めて納得。
DSC01725_1020.jpg
 交換後のフィールとしてはエンジン始動後は本調子が出ないようです。アイドリングが異様に低いとか・・・。20分程度過ぎれば落ち着いています。オイル粘度下限値を15Wを選びましたが、次回は10Wに変更してみます。
  1. 2015/07/05(日) 04:59:58|
  2. 車のメンテ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

じゃじゃ。☆郡山

 昨年12月にオープンした「自家製麺 じゃじゃ。」さんをようやく初訪問できました。半年も経ち、落ち着いた頃と待ってましたが、開店前から行列ができる人気ぶり。
 「辛っつけ麺・小¥750+味玉¥100+ニンニク¥50+レモン¥20」を頂きました。調味的トッピングも有料ですが、小皿で揃うと豪華に見えます。
DSC02000_1303.jpg
 ショッパイと言われるつけ汁は、焼き鳥のたれ並みの濃さながらもオイリー感もあり、大胆に刻まれたネギの下にブロックチャーシューが沢山沈んでます。
DSC01999_1302.jpg
 どうしても自分の嗜好に合わせてしまい、レモンで酸味を増し、ニンニクで塩梅の濃さをを緩め、オイリーなつけ汁に辛子で引き締める。この食い方が大好きです。
DSC02001_1304.jpg
 きれいに割れませんでしたが、味玉もしっかり黄身まで味が染みてます。
売りの麺は、ストレートのうどんを思わせるような極太麺。つ汁の纏わり具合は良くないほうですが、弾力あってもゴワ感が無くスルッと喉越しが良い素晴らしい麺です。あえて小盛りにしたのが失敗でした。
DSC02003_1306.jpg
 ショッパ~イ付け汁と言われますが、調味トッピングを豊かにすれば、解消できる。強いて欲するなら背脂があればいいかな。麺量も並みで頂けば、むしろこれくらいの濃度が合ってます。
  1. 2015/07/03(金) 20:43:59|
  2. ラーメン・郡山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

太平洋健康センター 蟹洗い温泉☆いわき

 この時期は日の出の時刻が1年で最も早まる時期で、かなり北寄りから朝日が昇ります。ならば、いわきの豊間海岸に行けば、塩谷崎の灯台と太陽が重なる写真が撮れるのではと・・・。天気予報は晴れでしたが、濃霧注意報を見落としました。
 圧縮した睡眠時間を取り戻すたため午前5時に四倉町にあります「太平洋健康センター 蟹洗温泉」さんへ行きました。
DSC01998_1301.jpg
 料金システムがいまひとつ分かりませんが、5時から8時過ぎまでは¥1,000で居られました。館内も綺麗にリニューアルされ、他の健康センターに比べアメニティも充実してます。
DSC01983_1286.jpg
 同じいわき市の泉町にあるいわき健康センターの場合は早朝5時から8時までワンコインで風呂を利用でき、レストルームもありますが、こちらは太平洋に面しているため、浴場からのロケーションが売り。これも料金のうちと思えば満足です。
DSC01989_1292.jpg
 波立薬師までは見えませんが、海を眺めながらの露天風呂は最高に気持ちがイイ。冬は1泊し朝日の写真を撮るのに良い場所かも。
DSC01988_1291.jpg
 また5時までに予約すれば「朝食¥870」も頂けるようですが、ストックがあるので予約なしても頂けました。好みのおかずには鮭とイカ刺しくらいで割高ですが、朝食はしっかりとっておきましょう
DSC01992_1295.jpg
 帰りは同じ四倉町にあります「大川魚店」さんでミズタコトとカツオを買ってきました。
去年買ったのと同じく瑞々しく美味いですが、今回のはやや固かったかな。
DSC02006_1309.jpg
 カツオ半身は毎年恒例の包丁さばきの練習も兼ね、できるだけ薄く皮をはぎました。ラーメンも刺し身も脂乗りが大事。
DSC02008_1311.jpg
 生憎の霧でチャンスを逃しましたが、美味い酒が飲めました。 
  1. 2015/07/02(木) 19:38:54|
  2. 温泉・健康センター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

sachs

Author:sachs
福島県内の風物撮影してます。
主食はラーメンが多くなりました。

最新記事

コメントありがとうございます。

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ

ラーメン・郡山 (171)
ラーメン・二本松 (71)
ラーメン・喜多方 (80)
ラーメン・会津若松 (23)
ラーメン・白河 (21)
ラーメン・矢吹・鏡石・石川他 (16)
ラーメン・須賀川 (16)
ラーメン・福島 (45)
ラーメン・会津美里・西会津 (17)
ラーメン・本宮・大玉・県北 (26)
ラーメン・南会津他 (2)
ラーメン・東京 (2)
ラーメン・相馬 南相馬 (5)
ラーメン・いわき (14)
ラーメン・三春・田村 (9)
ラーメン・その他 (11)
ラーメンまっとめ (3)
自作ラーメン (11)
食材・浜通り (8)
食材・会津 (10)
食材・中通り (14)
中華 (11)
小旅行 (18)
洋食 (17)
和食 (63)
モーニング (15)
ドライビング (27)
スイーツ・菓子・パン (9)
温泉・健康センター (14)
車のメンテ (27)
光景 (13)
撮り鉄 (1)
家飯・家呑み (5)
未分類 (10)

QRコード

QR

リンク

このブログをリンクに追加する