sachsの食と車 日記

福島県内のラーメン&日常生活の日記です。

まぐろ亭☆郡山

 たまには寿司も食べたくて、郡山市八山田にあります「まぐろ亭 八山田店」さんへ行きました。ハイテクな機器もなく、普通の回転寿司で安心。まずは「ひかり三昧¥263」から。コハダとイワシはまずまず、サバの腹身に微笑みましたが、かなり〆すぎでちょっと残念。
DSC01952_1262.jpg
 次は「白身三昧¥315」を。カンパチとハマチの違い、自分には食感ぐらいしか判りませんでした。でも脂っこい2つのネタと、淡白なタイの組み合わせは満足。贅沢いえばカンパチもハマチも白身でないので、ヒラメとアイナメにして欲しいところですか。 
DSC01953_1263.jpg
 次は予定してなかった「生シラス¥263」を頂きました。本日のお勧めにノミネートされていれば、つい頼んでしまいます。ん~、やっぱどこで食っても苦みを感じます。 
DSC01954_1264.jpg
 そしてお目当て「本まぐろ三昧¥493」写真では判りずらいですが中トロの脂乗りはマズマズ、赤身はもう少しヅケマグロのような工夫をして欲しいところです。
DSC01951_1261.jpg
 これで予定通り終了するかと思いましたが、お勧めメニューに「活アジ¥399」がありました。気が付けば水槽で元気に泳ぐ鯵が。これを頂かないで帰るわけにはいきません。
DSC01956_1266.jpg
 注文すると、お店の方が水槽から鯵を取り出し、その場で3枚におろされた身は厨房の料理人のもとに運ばれ、即座に寿司となります。プリップリとした活アジは鮮度も味も抜群。これで採算取れるのでしょうか?自分がウマけりゃ満足ですが。
DSC01955_1265.jpg
スポンサーサイト
  1. 2015/06/30(火) 19:50:45|
  2. 和食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

空山☆会津坂下町

 会津坂下町に行ったので、去年オープンしました「空山」さんを訪ねる機会に恵まれました。場所は東邦銀行やJAが近くにある飲食店ビルの1Fです。メニューは醤油、味噌、塩と揃い空、山、雲とネーミングされていいます。
DSC01917_1217.jpg
 魂の一杯の中から「雲(塩)¥550+味玉¥100」を頂きました。スープは最初に魚介系出汁にふんわり鶏感、食べ進むと鶏が強め。(丼底に鶏挽肉がたまってました)水菜と白ゴマも、スープに良いアクセントを与えます。
DSC01918_1218.jpg
 3枚のバラチャーシューは薄めですが、味染も良好でホロホロと柔らいのが喜多方like。
DSC01919_1219.jpg
 麺は加水率の高いモッチリとした食感は喜多方のどこかの製麺所ですかね。出汁が白河に近かったり、麺とチャーシューが喜多方だったり、それに会津地方では見かけない水菜入りだったりと、この価格で全体的なバランスが素晴らしいと思います。
 DSC01921_1221.jpg
 日本酒に馬刺しにラーメンと、会津坂下町も深いですね。町内にはまたまた変わったラーメンを提供するお店があるようです。

参考までに、喜多方から会津坂下町に行く途中、会青橋を過ぎてしばらく、周りは田園風景にも関わらず40kmの規制標識があります。その終点部に坂下警察署が罠を張っていることお忘れなく!  
  1. 2015/06/26(金) 20:45:49|
  2. ラーメン・会津美里・西会津
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

温泉&蕎麦&馬刺し&酒☆会津三昧

 喜多方から向かった先は、旧高郷村にあります「ふれあいランド高郷」で一休み。¥500で温泉に浸かり仮眠できるのがお気に入りです。途中で見かけ撮り鉄様方も三脚だけ仕付け、ここで一休みでもと思いながら・・・
DSC01914_1214.jpg
 村内には県営の荻野漕艇場があり、「ボートのまち」をフレーズに天井にカヌーが展示されてました。実物を傍で目にすると長いです。
DSC01915_1215.jpg
 お土産に館内で販売している当地の名物「雷神ソバ」を買ってきました。
DSC01924_1224.jpg
 十割そばだけに茹で方に神経を使いますが搬送が悪かったため、湿気を含みダマになりました。が、なんとかツマミにできる位に仕上げました。
DSC01925_1225.jpg
 帰りは会津坂下町の「荒堀肉店」さんの馬刺しも。お目当ての「レバー刺し」は売り切れてしまったので、今回は「モモ」と「ハツ」を購入。
DSC01926_1226.jpg
 「ヒレ」の柔らかさには敵いませんが、モモ肉の食感も好きです。ハツはやはりレバーより癖があり、好みは分かれます。
DSC01930_1230.jpg
 ツマミが揃ったので、ついでに同じ会津坂下町内にある「五ノ井酒店」さんからは「純米吟醸 国権」を。こちらは地元ではなく南会津町の蔵元です。
DSC01927_1227.jpg
 久々に飲んだ国権!会津坂下町の「飛露喜」や「天明」が繊細なら、こちらは武骨な力強さが感じます。日本酒独特の風味が活かされていて、女子軍には受けいれらないかもしれませんが、個人では好きな味です。
DSC01928_1228.jpg
  1. 2015/06/26(金) 03:45:40|
  2. 食材・会津
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

うめ八☆喜多方

 昨年の10月にオープンした喜多方の「うめ八」さん。こちらも朝ラーが楽しめるお店として定着したようです。今回は裏技「塩ラーメン・脂っこく¥650」にチャレンジ。周りのお客様のほとんどが「脂っこく」&「大盛り」コールなので、ここは気がねせず堂々と。
 脂っこくといっても、軽く背脂が浮いた状態。スープは店主様の就業先より、やや豚骨が強めに感じますが、これに背脂が加われば風味もマイルドになりイケます。
DSC01910_1210.jpg
 スープだけでなく、こちらの美味さは肉にあります。就業先譲りの納得の厚みと脂身と肉身のバランスを兼ね備えたものが3枚オンされてます。微妙に味染みに違いは感じますが、どちらも甲乙付け難い逸品です。(個人的にコッチ)
DSC01911_1211.jpg
 サイドメニューもちょっと気なったんで
DSC01909_1209.jpg
 なくなる場合がございます「手作りえび餃子¥400」も頂きました。
断面写真は撮影しませんでしたが、これは肉餃子にエビがトッピングされ、全くのエビではありません。肉と餃子とエビ餃子の美味いとこ取りで、肉餃子が弱い方はオーダーしないほうが無難ですか。
DSC01912_1212.jpg
前回頂いたメニュー↓
2015.3.8 醤油ネギラーメン
2014.11.4 塩ネギラーメン
  1. 2015/06/24(水) 04:18:05|
  2. ラーメン・喜多方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

若武者☆二本松

 新作を頂きに早速、いつもの「若武者」さんに行って参りました。 頂きましたのは、この夏限定の「福島鶏白湯のつけそば¥900+味玉¥100」です。数々のラーメンショー等のイヴェントで定評を頂いてきた「福島鶏白湯」。福島に限定した3種の地鶏から取り出される濃厚な旨味は、低下水率細麺と・・・、しかし、今回はチョット違うタイプだそうです。
DSC02023_1327.jpg
 夏季メニューということで、つけ汁のベースは鶏白湯に変わりはないですが、酸味と辛みをブレンドすることでアッサリ目に仕上げ、汁温度はやや温めに設定されたそうです。
 さて、そのつけ汁には定番のブロックバラチャーシューに、穂先メンマが沈み、表面には普通のネギと小口ネギ、そしてフライドオニオンと県産エゴマの種が振るわれた豪華版です。
DSC02024_1328.jpg
 そして麺は京都の製麺所さんの「サンダー麺」というもの。福島初上陸のこの麺は平手打ち麺の一種ですが幅広部分から細くなることが、稲妻のような形状から、それが由来でしょう。
 触感は通称、白河手打ちピロピロ麺をやや柔目に仕上げた感じです。幅広のためつけ汁の纏わりも良く、ツルっとした喉越しの良さからラーメンではなく、そばとネーミングしたのでしょう。(若武者さんも、やまきさんもラーメンとそばと使い分けしております)
 オーダー前に大将から説明いただきました酸味と辛みはさほど前面には出しゃばらず、また温さも気にならず鶏白湯の美味さを堪能できました。そしてオニオンとエゴマの食感も素晴らしく、豪華つけ汁に良い仕事をしてくれます。今までに頂いたことない、このつけ麺は、期日限定を設定しない夏季メニューですが、1日当たりの提供量が決まっているため早めが狙いです。
DSC02026_1330.jpg
 10時半にお店に到着し、大将に迎え入れられ1番乗り。公称開店前の10時50分には満席となりました。そして11時過ぎには駐車に戸惑う車と、行列でパニック状態。大将は交通誘導員と化してました。
この場所は比較的交通量も多いので、銀行の駐車場を利用したほうが賢明でしょう。 
 前回で終了した限定メニュー↓
 2015.6.6 ほんのり煮干し香るラーメン
  1. 2015/06/22(月) 19:48:17|
  2. ラーメン・二本松
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

本陣☆猪苗代

 猪苗代湖畔の志田浜にあります「本陣」さんに行きました。月に数回はこのエリアを通過してますが、今回はたまたま昼ラータイムと一致。メニューは基本の醤油、味噌、塩の他に、季節限定のつけ麺もあるようです。
DSC01818_1113.jpg
 以前から気なっていた「漆黒ブラック¥680+煮玉子¥100」を。!?・・・見事な漆黒は照明の暗さと、内側が黒く塗られた丼により増徴されたものでした。
DSC01819_1114.jpg
 焦がしネギも入ったスープは何故か甘~い。ブラックの甘みは醤油の角が取れたまろみと解釈していましたが・・・不思議な味。細縮れ麺は固めで好みのタイプでした。程良い柔らかさのバラチャーシューは味染みより、久々の冷蔵臭が残念でしたが、至って普通のチャーシューです。
DSC01822_1117.jpg
 食感がある極太のメンマと、偶然だったのか?変形カットの味玉も撮っておきました。
DSC01823_1118.jpg
 何とも不思議なラーメンでした。 
  1. 2015/06/20(土) 19:21:29|
  2. ラーメン・会津若松
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

大安食堂☆喜多方

 西会津にあります「銚子の口」を見に行きました。只見川の狭窄部で銚子の首れていることが由来だそうです。雪解け時期を逃してしまったので、いまいち迫力に欠けました。
DSC01807_1102.jpg
 帰りに、昔は新横浜のラーメン博物館にも出店していた喜多方でも有名な「大安食堂」さんを初訪できました。テーブルにメニューはありますが券売機を使用するシステムです。(ネギ多めとか脂っこくはコールしずらいカナ)
DSC01813_1108.jpg
 喜多方ラーメンは醤油が一般的ですが、最近ハマっている「しおラーメン¥600」を頂きました。コールしていないのに、脂浮きが凄い(嬉)
DSC01814_1109.jpg
 豚骨ベースの清湯スープのデフォでは少々物足りない自分は、この脂浮きに大満足。厚めなチャーシューは味染みも期待通りで、歯応え感を残す程度の柔らかさで旨さも抜群。多加水のモッチリ麺はスープに対し、自分にはやや弱めに感じましたが、普通の固さでしょう。
DSC01816_1111.jpg
 
  1. 2015/06/18(木) 19:41:50|
  2. ラーメン・喜多方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

つけ麺 一翔☆郡山

郡山市安積町日出の山のアミューズパーク内にあります、「つけ麺 一翔」さんです。のんびりっちさんの記事でガッツリモードになりました。つけ麺の専門店ですが、コチラも是非とも頂きたい人気メニューです。
DSC01933_1243.jpg
 スタッフから相当野菜量が多いことを告げられ、それに怯み女性にお勧めの「一翔ラーメン・小盛・¥750+味玉\100」にしました。ただしニンニクだけは並みで。
 この系で使用される”豚”ではなく、厚めな炙りチャーシューってのが自分にはポイント高いです。
DSC01934_1244.jpg
 ゴワッとした麺はコレ専用なのか、弾力があり天地返しをし野菜を絡めて頂きました。久々のこの食し方もイイものです。 
DSC01935_1245.jpg
 スープは濃厚でありますが、思ったより脂浮きは控え目な感じでした。仕上げはテーブルにある[海老辛し]をブレンド、味変も楽しみの一つです。
DSC01936_1246.jpg
 小盛ですが、流石に食らったという満足感。次回は多彩なつけ麺から気になるメニューを頂きたいと思います。
前回頂いたメニュー↓
2014.2.27 つけ麺
  1. 2015/06/16(火) 19:23:15|
  2. ラーメン・郡山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

若武者☆二本松

 GWのツーリングから時が経ち忘れた頃の反省会を「若武者」さんで行いました。この日の「呑み放題コース」¥4,000(税抜)/人」は、琥珀エビス&千巧成も呑み放題にで強調文きる、スペシャルプライスの中華惣菜コースです。(それにしても我がグループのこの駐車の仕方・・・こういうのオレは嫌いなんです)
DSC01673_0944.jpg
 初めは生ハムのサラダ゙、フライドガーリックが香ばしく、ドレッシングも旨いです。
DSC01780_1075.jpg
 お馴染の特製の厚切りの一本チャーシュー。白髪ネギとの相性も抜群です。
DSC01784_1079.jpg
 辛めなツマミで琥珀エビスビールも進みます。しかし海老チリは意外に甘めな仕様、ちょっと箸休めかな。
DSC01788_1083.jpg
 黒酢の酢豚、カリカリに上げられた豚バラと黒酢の相性が抜群。酢豚なので余計な野菜など要りません。若武者さんらしい、ポイントを突いたメニューです。
DSC01789_1084.jpg
鳥唐は一味マヨで頂きます。普段、鶏肉の脂身を食べない自分もコチラのは気にせず何故か頂いてしまいます。
DSC01790_1085.jpg
 最後の〆はつけ麺です。以前はスープ系と選べましたが、仕上げはつけ麺が合います。 
DSC01791_1086.jpg
 お店には色々、ご厚意を頂きありがとうございました。 
(ツーリング企画も反省会も全てオレ任せであれば、次回からはマナーも指導しよう)
つけ麺と言えば・・・限定のコチラのつけ麺を食べに行かなければ!
  1. 2015/06/14(日) 17:40:07|
  2. 中華
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

うさぎ☆鏡石町

 郡山の特別なお店を除いては、須賀川→鏡石→矢吹と白河に南下するに連れ、白河手打ちラーメンのレヴェルが高くなってくるように感じられます。今回は鏡石町にあります「白河手打ちラーメン うさぎ」さんを訪問しました。前回はパーフェクトな「特製中華」だったので
DSC01638_0932.jpg
 今回は「ワンタンメン¥850」を。特製より高いんですが、主役のワンタンの他に、具材も豪華。
DSC01639_0933.jpg
 主役ワンタンはフワフワ仕上げで、具にニラと鶏肉を合わせたつくねが少量、手打ち麺と異なる食感がプラスされるのがワンタン麺の良さです。
DSC01640_0934.jpg
 完璧な仕上がりの白河系ローストチャーシューは、ワンタンの下に隠れていた物も含めるとなんと4枚も。
DSC01641_0935.jpg
 鶏出汁スープを手打ち麺を半分頂いてから、テーブルにある焦しニンニク辣油の辛味で、味変を楽しみました。
DSC01642_0936.jpg
 
前回頂いたメニュー↓
2014.8.16 特製中華
  1. 2015/06/13(土) 00:11:19|
  2. ラーメン・矢吹・鏡石・石川他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

三男坊☆福島

 最近、福島の街中よりも飯坂町が気になり行ってみました。今回は国道399号線沿いで球場の下を潜るトンネル手前にあります、「三男坊」さんを初訪。辛味噌系がおススメという、赤湯ラーメンのお店です。
DSC01617_0768 4 27
 頂きましたのは「魚介味噌らーめん¥780+辛味噌¥50」。赤ナルトに青海苔と、赤湯の龍上海をインスパイアする仕上がりです。
DSC01618_0769 4 27
 デフォ味玉の仕上がりも抜群ですが、柔らかく味染み良い煮込みチャーシューは喜多方ラーメンにも共通します。強いて言えばもう少し厚ければ完璧ですが。
DSC01619_0770 4 27
 スープはかなり脂分が濃厚なタイプ、それに負けない程良い固さの麺も旨いです。この脂の度合いであれば、辛味噌は3倍盛で頂きたかったデス。
DSC01620_0771 4 27

コレはオマケ。
せっかく来たんで、口コミで情報得た飯坂町湯野にあります「角田豆腐店」さんから、厚揚げを買ってきました。結構な厚みでデカイです。
DSC01963_1273.jpg
 ひき肉やネギを入れ焼きました。市販のと異なり、焼き目が香ばしくて旨い!酒もすすみます。
DSC01966_1276.jpg
 ついでに買った木綿豆腐はマーボー豆腐として頂きました。普段は絹ごし豆腐を使用しますが、余分な水分も出ることなく木綿もイイです。好みの仕上がりとなりました!
DSC01965_1275.jpg
  1. 2015/06/10(水) 20:10:21|
  2. ラーメン・福島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

生江食堂☆会津美里町

 会津美里町で唯一、朝ラーを頂ける「生江食堂」さんです。休日でも9時過ぎになると、相席は何とか免れます。(カウンターはありません)11時から提供される、つけ麺を頂きたかったのですが、この時間は「味玉中華そば¥700+辛みチャン¥100」を頂きました。
DSC01659_0964.jpg
 ふんわりと広がる煮干しの出汁と濃いめに味付けされたバラ&モモチャーシュー、休日の至福のモーニングです。半分頂いたところで辛味を投入。肉味噌なので過激な辛さもなく、スープの味も十分楽しめます。会津らしいモッチリとした中太麺も旨いです。
DSC01661_0966.jpg
 撮り忘れました味玉、昔は茹で玉子で近年になって味玉に変身。が、黄身が黒っぽくしかも甘味が・・・どこかの味玉と同じようになりました。
過去に頂いたメニュー↓
2014.11.3 岩海苔中華
2013.10.30 つけ麺
  1. 2015/06/08(月) 19:53:45|
  2. ラーメン・会津美里・西会津
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

Konno bakery☆二本松

 昨日の続きというか、おまけです。「若武者」さんのお隣は「Konno bakery」さん、ココは二本松、ただのパン屋じゃないそうです。
DSC01946_1256.jpg
 城下町らしく和菓子店が多い二本松ですが、近年はハイレヴェルなスィーツも台頭してきている昨今。 
DSC01958_1268.jpg
 福島放送の飯田アナがレポした、「ミルク・ド・ショコラ¥350」を買ってみました。
DSC01959_1269.jpg
 表面のチョコレートとスポンジの上層部には、生クリームがギッシリ、下層にはアプリコットジャムと、随分アレンジした断面です。
DSC01960_1270.jpg
 もっと食べ進むと、甘いミルクが~、ここまでやるか?。超甘い・・・絶対コーヒーが必要です。
DSC01961_1271.jpg
 よかった、ビール呑みながら食うか思ってました。
  1. 2015/06/07(日) 16:53:22|
  2. スイーツ・菓子・パン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

若武者☆二本松

 自分には珍しく本日6月6日の記事となります。本来、日記はそう在るべきなんですが・・・。でも今回若武者さんブログを見てからは、地理的優位な自分は急遽予定変更してでも、行かねばなりません。(鬼煮干しシリーズを逃した思い、後悔が・・・)
 頂きます!期間限定「ほんのり煮干し薫る手打ちラーメン¥780+辛玉¥100」。表面に浮かぶ脂層、そして煮干しの香りに期待が膨らみます。
DSC01940_1250.jpg
 スープはレギュラー煮干し中華に近い感じですが、自分好みのオイリーさでは今回のコチラが好みです。なんと言っても凄いのが、会津小西製麺さんの極太手打ち縮れ麺!イコール喜多方の極太「食堂なまえ」さんと同じ!!かなり固めですが、粉っぽさも感じることなく、素晴らしい食感。
DSC01943_1253.jpg
 またチャーシューもいつも若武者さんと異なるタイプが使用されてます。いわゆる喜多方流バラチャーシューが4枚、噛みごたえを残した、ほんのり味染みタイプでこれも旨い! 
DSC01944_1254.jpg
 せっかくなんで、「福島鶏白湯」でお馴染の、「辛玉」も投入。意外と煮干しの味を壊すことなく味変が楽しめました。尚、このメニューには「特製」が設定されています。主な違いは、喜多方「長谷川」さん流の大ぶりバラチャーシューが載せられてるとのこと。自分には4枚のチャーシューで十分満足でした。
DSC01945_1255.jpg
 この日は10時20分にいつものように、向かいのMINISTOPでコーヒーブレイク。10時半に山本大将が出てきて、看板を営業中に変えました。瞬間を見計らい1番乗り。その後、数分前に見たことある他県ナンバーのお客様が次々と。さ~て、明日は何時に開店するか?早く行かないと巡り合えませんよ!
 万が一暖簾落ちした場合、先週のお祭りでコラボしたやなぎやさんもおススメです!
以前頂いたメニュー沢山(この後も色々頂きましたが)↓
2014年6月
  1. 2015/06/06(土) 20:38:07|
  2. ラーメン・二本松
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

まこと☆喜多方

 昼の気温は夏日になりますが、早朝は寒いですね。特に猪苗代湖岸を走っていると一段と感じます。こんな朝こそ脂っこいのが欲しく、行った先は「満古登食堂」さんです。6時50分代でほぼ満席。
DSC01557_0671.jpg
 またまた「中華そば・脂っこく¥650」を頂きました。冷え切った体にオイリー煮干しスープが沁みます。
DSC01570_0684.jpg
 喜多方でもコチラは薄めなチャーシュー。程良い味染みと食感が旨い!もっと肉が食いたい気分・・・
DSC01571_0685.jpg
 メニュー表を見ながら・・・・。この際思い切ってやってしまいましょう。
DSC01573_0687.jpg
 1度は食べたかった「かつ皿¥700」を追加。
DSC01572_0686.jpg
 脂身が多くても肉部が程良い固さで絶妙なバランス!醤油ではなくソースをベースにし、固めな玉子とじもなかなか旨い!超甘じょっぱい味には飯が欲しくなるが、中華そばでも十分相性良し。
DSC01574_0688.jpg
 コレは新たな発見、中華そばにカツ皿は絶対アリです。 
  1. 2015/06/03(水) 19:24:50|
  2. ラーメン・喜多方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

そばの里 花季☆二本松

もうしばし、安達太良ミドルライン沿線のお店にお付き合いください。今回はダチでなく、家族と行きました「そばの里 花季」さんです。場所は少し奥まったキッチン ふくろうさんのすぐ近くにあります。
DSC01623_0760.jpg
 コレがメニュー、ロケーションも考慮すれば普通カナ。
DSC01624_0761.jpg
 自分と親父は強気に「天婦羅せいろ¥1,500」、天ぷらは海老*2・キス・コゴミ・コシアブラ・マイタケと種類が豊富です。(あっ、ナスもあったな)
DSC01625_0762.jpg
 蕎麦を好まない母の代理できた義妹は弱気な「花ひめ¥1,050」、カロリーを控えたいそうだが、素そばという訳にもいかないらしい。いらないナス天はこちらへプレゼント。
DSC01626_0763.jpg
 蕎麦は二八だと思いますが、たまたまだったのか?ちぃ~と柔いです。カエシはキリットした辛めで好みなんですが、残念。昼時に一気に団体客が入ってきた影響もあるのかな。
DSC01627_0764.jpg
 やはり現役時代、会津での生活が長い親父からは、蕎麦に関し×の評価を受けました。しかし天ぷらに関しては◎でした。確かに震災後初めてコシアブラを頂きました。まだ発展途上の様な・・・頑張ってほしいものです。
  1. 2015/06/01(月) 20:09:36|
  2. 和食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

sachs

Author:sachs
福島県内の風物撮影してます。
主食はラーメンが多くなりました。

最新記事

コメントありがとうございます。

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ

ラーメン・郡山 (179)
ラーメン・二本松 (77)
ラーメン・喜多方 (84)
ラーメン・会津若松 (24)
ラーメン・白河 (22)
ラーメン・矢吹・鏡石・石川他 (17)
ラーメン・須賀川 (17)
ラーメン・福島 (47)
ラーメン・会津美里・西会津 (19)
ラーメン・本宮・大玉・県北 (26)
ラーメン・南会津他 (3)
ラーメン・東京 (2)
ラーメン・相馬 南相馬 (6)
ラーメン・いわき (16)
ラーメン・三春・田村 (12)
ラーメン・その他 (12)
ラーメンまっとめ (3)
自作ラーメン (11)
食材・浜通り (9)
食材・会津 (10)
食材・中通り (15)
食材・県外 (1)
中華 (11)
小旅行 (18)
洋食 (18)
和食 (68)
モーニング (16)
ドライビング (27)
スイーツ・菓子・パン (9)
温泉・健康センター (14)
車のメンテ (27)
光景 (13)
撮り鉄 (1)
家飯・家呑み (6)
未分類 (10)

QRコード

QR

リンク

このブログをリンクに追加する