sachsの食と車 日記

福島県内のラーメン&日常生活の日記です。

ふくしまラーメンショー2018 参戦2回目@郡山

 またもやと言うか、今回はコレが最後です。まず1店目は北海道。
DSCN1303_6168.jpg
 「白樺山荘」さんです。最近、札幌味噌離れしてますので、なんとなく頂きかったです。キクラゲがチョット、でかすぎはしないかと。
DSCN1304_6169.jpg
 札幌味噌に不可欠なのは、この黄色い玉子麺でしょうか。県内ではほとんど姿を消してしまったこの麺に感動です。今回は濃厚タイプが多い中、モヤシも入り、この食感がよろしいです。スープは以外にアッサリ目な仕上がりで、強いて言えば極一般的な札幌味噌ラーメンでした。
 記事と逸れますがこのタイプがメジャーなんでしょうが、学生時代に北海道ツーリングに行った時、札幌で頂きました「ヒグマ」さんはどうしているんでしょうか?全く違うタイプの味噌ラーメンで、感動した記憶がございます。
DSCN1306_6171.jpg
 2店目は大分「ふくや」さんです。全く前回同様の計画通り、アッサリとコッテリの両刀使いを堪能します。
DSCN1308_6173.jpg
 炙りバラチャーシューと小口ネギと、食欲をそそります。だけど、期待のマー油の量が足りないような。
DSCN1309_6174.jpg
 デフォでも入るこの炙りチャーシューは柔らかく、味浸みも抜群です。ハリガネに近い細麺の茹で加減も、スープとの相性が・・・いや、スープが以外にアッサリ系に思えるのは自分だけか。九州大分、熊本の隣ならもっと暴れてもイイものかなと。スープ半分で、やっと期待の骨粉感を感じられました。
DSCN1310_6175.jpg
 これで自分のラーメンショー2018は終結しました。
今回も美味しく頂きごちそうさまでした☆
スポンサーサイト
  1. 2018/05/04(金) 21:22:39|
  2. ラーメン・その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ふくしまラーメンショー2018@郡山

今年も本日行って参りました。
 コレだけ晴天に恵まれた連休に参戦してることは、よっぽど暇だということですか。いや、そうではなく、遠出したくないんです。
DSCN1261_6012.jpg
 ヨドバシカメラで買い物をして、10時20分頃着きましたが、お目当てのお店の行列はソコソコ位です。今年は地元の出店が無いので、やや盛り上がりに欠ける印象を受けました。
DSCN1247_5998.jpg
 まずは今年の課題店から「熟成豚骨ラーメン こがね家」さんからです。流石に濃厚な豚骨スープは、隣接する店舗を圧倒する勢いで漂っております。本場の豚骨ラーメンに不可欠である、細ストレート麺がgoodです。豚バラチャーシューも柔らかく、軟骨チャーシューも逸品でした。さらにこの味玉の黄身の甘みも良しでした。
DSCN1249_6000.jpg
 11時を過ぎると徐々に人も増え始め、恒例の雰囲気になってきました。
DSCN1250_6001.jpg
 コッテリの後はアッサリで仕上げるのが、一番です。そうなれば当然、「ひるがお」さんです。アッサリと言いますが、一口目に味わった表面の脂浮きが、良い意味で期待を裏切ってくれます。これは本当に美味しいスープです。ホタテ、煮干しと言うよりはカツオが前面に出て、奥深い塩味を演出しております。DSCN1251_6002.jpg
 後、2店ほど魅力的なお店がありますが、微妙ですね。
今回も美味しく頂き、ごちそうま様でした☆
 

  1. 2018/04/29(日) 21:03:12|
  2. ラーメン・その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

二代目 ごとう☆米沢

 今回は米沢でラーメンを頂きました。山形での御食事はラーメンに限らず案山子さんのレポが大変参考になり、麺匠ごとうさんを狙いましたが、国道13号線沿いにあった「二代目ごとう」さんを訪問してみました。券売機設置店ということで、機械の前でフリーズいしないように、事前学習済みです。(クリック拡大↓)
DSC02886_1962.jpg
 どれもが自分には魅力なんで、今回の訪問だけではこの店を語れないでしょうね。(クリック拡大↓)
DSC02887_1963.jpg
 その中にグッと心を掴まれた「辛塩つけ麺・辛さ3¥830+熟成味玉¥100」を頂きました。本来なら辛さの最高峰を望む自分ですが、白河、喜多方で地獄を経験しており、尚かつ遠出してまでの失敗をさけるため、今回に限り大人しく並み辛にしました。
 麺上にチャーシューをはじめとした載せ物が見当たらず、非常にシンプル、このお値段で期待は裏切らないのでしょうね。
DSC02888_1964.jpg
 ありました、入ってました、刻みチャーシューが見つかり一安心。味染みも適度な柔らかバラ肉で良くできております。欲を言えばもう少し大きくカットして存在感をアピールしても良いかもデス。あと冷臭はありませんでしたが、微妙に冷味を感じました。つけ汁は、動物系と煮干しの旨味が上手くブレンドされ、いつも頂いている福島の味と遜色無しです。
DSC02889_1965.jpg
 麺は白河の手打麺の様なピロピロ麺タイプですが、全粒粉に近い感じで小麦の美味も追加され、面白いです。
DSC02890_1966.jpg
 今回は辛さ3倍でオーダーしましたが、やはり物足りなく、卓上の辛子を利用させて頂きました。この辛しも単なる一味でなく、お店で調合された優れもの。それなら、デフォルトの塩つけ麺をチョイスもありますが、それはソレでということで。
DSC02891_1967.jpg
 コチラはトッピングの味玉なんですが、見た目は味玉の醤油色無し。ハズしたかと思い頂けば、黄身にしっかりと甘みが仕込まれ、不思議な印象と共に春木屋さんの味玉を彷彿しました。
DSC02892_1968.jpg
 何から何まで自分の好みを集約し過ぎてニクイですね。ライトで細麺のイメージが強い米沢ラーメンに反し、自分の意に沿う美味しいラーメンでした。決して反トラディショナル派ではありませんが。 
  1. 2017/08/18(金) 19:29:20|
  2. ラーメン・その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

福島ラーメンショー2017@郡山市開成山公園

1回目
 今年もラーメンショーに行って参りました。1回目は前記事「春木屋」さんで、ラーメンを頂いた後です。お店から概ね徒歩で15分程度会場に到着しました。
DSC02124_0778.jpg
 一番のターゲットは関東圏域の節系の濃ゆるいつけ麺を頂きたく『頑者』さんの「濃厚魚介豚骨つけ麺」から始めます。こういうシーンだからこそつけ麺にはビールが必須、そしてそのつけ麺に辛子は必須と言う勝手な自分の哲学です。(二日酔いが完全に覚めてないかも)
DSC02125_0779.jpg
 期待通りのバラチャーシュー、ネットリ感から豚より鶏の方が強いつけ汁です。これに大好きな節系の旨味が加わり、好みのつけ麺です。
DSC02126_0780.jpg
 トッピング辛しの使い方は色々、麺にぶっかけるも良し、つけ汁投入も良し、そのままBeerのツマミが一番かな。
DSC02127_0781.jpg
 持参Beer2本目に手を付けると、少し苦しくなってきました。一服しながら頂きましたが、腹が苦しいです。二日酔い覚ましで参戦しましたが、かなり苦しくなり退散しました。
DSC02129_0783.jpg
2回目
 前回の失敗を省み、今期は車でいきました。当然、地元『獅子奮迅隊』さんの「極上六大福島鶏白湯」を頂きます。チャーシューを炙り焼きする山元隊長にごあいさつし、
DSC02284_1099.jpg
 嬉しくも無料辛子を自由自在に使わせて頂き、自分流鶏白湯の完成です。「若武者」さんの濃厚ラーメンに入る九条ネギと紫玉ねぎのアクセントにも十分期待できます。そして最近、流行りなのか極太メンマも良さそうです。
DSC02281_1096.jpg
 去年のチャーシューも美味かったんですが、今回のチャーシューはかなり進化してます。豚の味を損なわない程度にしっかりと醤油味が染み込み、むしろ豚肉の美味さ引き出しています。
DSC02282_1097.jpg
 さらに麺も特筆すべきものがあり、会津産ゆきちからの全粒麺は、スープと同時に麺の香ばしさを愉しめるように、あえてちじれ麺仕様であることです。今回もそうですが、年々進化している「福島鶏白湯」でした。
DSC02283_1098.jpg
 2食目に選んだのが『熟成豚骨ラーメンこがね家』さんの「極濃豚骨Wチャーシュー麺」です。デフォで味玉入りというのが評価高いですね。ニクイ加工した海苔も良いです。
DSC02285_1100.jpg
 スープは至って純粋な豚骨のみでクリーミーさを演出してます。コレに加わる軟骨チャーシューも良し。
DSC02286_1101.jpg
 最後は『麺や虎鉄』さんの「札幌味噌ラーメン荒味噌仕立て」です。隣の客がショッパイと言ってたので、御飲物を買ってきました。平気でこういう高額な飲みものを買う自分も情けないが。
DSC02287_1102.jpg
 荒味噌と表現されている割にはクリーミー&マイルドな味わいでした。札幌らしい麺も、逆に新鮮な味わいでした。
DSC02288_1103.jpg
 今回は4店ほど頂きましたが、年々レベルが上がってます。特に今年はどこのお店でもチャーシューに対してはかなり拘りぬいた印象でした。そして6年目となった今年の来場者数はどうなんでしょうか?
 お店側は勿論ですが、夕方からBeerを半額にする等、誘客UPに努力されているようですが、来年こそは各地から会場までの直通バス運行や、または区間¥100にする等が求められると思います。

  1. 2017/05/06(土) 21:50:29|
  2. ラーメン・その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

阿波家☆米沢

 毎度ご訪問頂いてます本日、「大安食日なりの案山子さん」の記事で必食ラーメンとしてマーキングしてました「地鶏ラーメン 阿波家」さんに念願かなって訪問できました。一番最初に紹介された時は国道13号から「まつたけぶどうライン」の入口だったので、かなり近く解りやすいなと思いましたが、その後お店が米沢市市街地に移転。ナビ入力でやっと到達できました。
DSC01846_0161.jpg
 こちらも地鶏研究会とのことで、既に何をオーダーするかは決まってますが、このメニューの並びと説明書きのレイアウト、どこかで見た記憶はございませんか?メインの部分は福島市の『伊達屋』さんと全く同じ。(クリック拡大↓)
DSC01845_0160.jpg
 当然、オーダーは「煮玉子塩ラーメン・¥750」です。特徴は丼の2/3をカバーする肩ロースチャーシューに、極太メンマが目立ちます。見た目も惚れ惚れする美しさです。
DSC01847_0162.jpg
 このスープにドンピシャな硬質麺、コレがこのタイプの塩ラーメンを頂く至福の瞬間でしょうか。
DSC01848_0163.jpg
 チャーシューはホクホク崩れる位まで煮込まれ、肩ロースならではの旨味が堪能できます。
DSC01849_0164.jpg
 味玉も半熟具合が良くできております。スープはオイリー感は少なく、福島の「伊達屋」さんよりも、郡山の「ありがとう」さんにかなり近い感じです。
DSC01850_0165.jpg
 他にトッピングが豊富なことに加え、冷たいラーメンもあり、1年中楽しめそうです。
  1. 2017/04/30(日) 18:07:26|
  2. ラーメン・その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

sachs

Author:sachs
福島県内の風物撮影してます。
主食はラーメンが多くなりました。

最新記事

コメントありがとうございます。

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ

ラーメン・郡山 (194)
ラーメン・二本松 (89)
ラーメン・喜多方 (90)
ラーメン・会津若松 (28)
ラーメン・白河 (23)
ラーメン・矢吹・鏡石・石川他 (20)
ラーメン・須賀川 (19)
ラーメン・福島 (55)
ラーメン・会津美里・西会津 (19)
ラーメン・本宮・大玉・県北 (28)
ラーメン・南会津他 (3)
ラーメン・東京 (2)
ラーメン・相馬 南相馬 (7)
ラーメン・いわき (17)
ラーメン・三春・田村 (12)
ラーメン・その他 (14)
ラーメンまっとめ (3)
自作ラーメン (11)
食材・浜通り (10)
食材・会津 (12)
食材・中通り (17)
食材・県外 (1)
中華 (12)
小旅行 (18)
洋食 (21)
和食 (69)
モーニング (24)
ドライビング (28)
スイーツ・菓子・パン (9)
温泉・健康センター (14)
車のメンテ (27)
光景 (13)
撮り鉄 (1)
家飯・家呑み (6)
未分類 (10)

QRコード

QR

リンク

このブログをリンクに追加する